HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > アーカイブ > ブログ: 2016年7月

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE ブログ: 2016年7月

貴重な時間


本日もご来店頂きありがとうございました!

突然ですが、おそらくこのジムにはトレーニングが好きなお客さんはおそらくゼロです。笑

好きではないけど、何かしらの目的があって、皆さん来て下さっています。
体力をつけたい
腰を良くしたい
競技につなげたい
仕事につなげたい
健康でいたい
などなど...

アスリートにとってトレーニングがメインにはならない(ボディビルダーやパワーリフターなど一部を除いて)のと同じで一般の方にとってもトレーニングがメインになることはありません。
トレーニングを生活の中にいれるまえに必ず、仕事があり家事や子育てがあり、その他諸々の事があります。
その中で、先ほどあげたような色々な目的の為にトレーニングしたほうがいいだろうなと思って、ここに来て下さっているわけですが、確実に時間に余裕はなく、仕事の前や合間、仕事終わり、子どもを預けている間、せっかくの土日やすみ、というふうに時間を捻出して来て下さっています。
そんな貴重な時間をつかってきてくれているお客さんに「トレーニング」ではなく、「根拠のないただの疲労」を与えるわけにはいかないんです。

別に、時間に余裕のある人はどうでもいいとか、そういう話ではなく、ここでのトレーニングがアスリートであれ一般の方であれ、意味のある時間にしてもらわないとなと、強く感じたので書いてみました。

ここでは、トレーニングの楽しさを伝える事なんてできませんし、ちゃんとしたトレーニングなんて辛いものに決まっていると思っています。
(だからこそ良く目にする、倒れるだけで〇〇や、つけるだけで〇〇、まくだけで〇〇なんてのには負けるわけにいかない。というか負けるわけがない。)
ムダな時間や労力ではなく、確実に「筋力」と「可動域」を手に入れる方法はお伝えできますし、そこから付随する上記のような目的に近づけることも可能です。

ただ、来て頂かないと流石にどうすることもできないので、とりあえず来て頂ければと思います。笑

何となく宣伝みたいになっちゃいましたが、貴重な時間をムダにしない!ということを改めて強く感じた日でした。

本当に来て下さっている方々に感謝です。
ここはトレーニングが嫌いな方でも、好きな方でも、ちゃんとトレーニングしなきゃ!と思った方の味方です



では、

Better the Next day!





最大◯◯、一生◯◯

報告が遅れましたが、3回戦の壁はまたもや超える事が出来ませんでした。
結果は3-2
相手は1つ上のカテゴリーなので格上相手ですが、そこにしっかりくらいつきながら戦った選手達を誇りに思います。
ただ、やはり何かを成し遂げる事は本当に甘くないと改めて実感させられます。

競技をやっている以上、
努力するのなんて当たり前
成長するのなんて当たり前

最大努力
最大成長

偉そうな事を言った手前、自分自身もひるみそうになったときはそう伝えた選手達の顔を思い出しながら精進していこうと思います。
そういう意味で、引退した3年生ともこれからも一緒に頑張っていこうと思います。

教え子は一生教え子
先生は一生先生

3年生、お疲れさまでした。

1

« ブログ: 2016年6月 | メインページ | アーカイブ | ブログ: 2016年9月 »