HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > アーカイブ > ブログ: 2017年4月

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE ブログ: 2017年4月

やっぱりあいつらはバスケットボール選手

先日、指導先のバスケ部の試合も見に行きました。

僕は彼らのトレーニングを指導しているわけですからトレーニングをしている彼らを見る機会がおおいのですが、バスケットボールをしているところをたまにみると、

やっぱり、あいつらバスケ好きなんだな〜

としみじみ思います。
そしてかっこいいんです。

なにがどう、そう思わせるのかはおいといて、そう感じざるおえません。

その好きなバスケでもっともっと輝けるべく彼らの中にトレーニングを深く落とし込んでいかなきゃなと改めて思いました。

確かにトレーニングはトレーニングなんだけど、そのトレーニングはあくまでもバスケの為にやっているわけなので、ただプログラムをつくって、ただ指導するだけじゃなく、そのことを選手の頭の中でも繋げていくことが重要だなと感じます。

今回のバスケ部だけの話ではなく、今までみてきた部活競技もみんなそうで、
やっぱりあいつら〇〇が好きで、〇〇選手なんだと...
だからこそ、その〇〇がメインで、そのメインを支えるべくトレーニングというソリューションが存在し、そのソリューションをいかに選手達に浸透させるかが、この高校年代にとってはより重要になるのかと思います。

インターハイ予選までもう少し。
トレーニングも佳境を迎えています。


---------------------------------------------------------------
黒子のバスケを見始めました。
バスケ漫画といえば、SLAM DUNKという絶対的なものが存在しますが、こっちはこっちでおもしろい...



アスリートをしっかりサポートできる集まり


今月のはじめにS&C塾の懇親会がありました。
S&C塾とはGS Performanceが主催するストレングスコーチとしての土台を築く為の講習会で、私自身も以前参加していました。
今回はその4期生が修了したタイミングでの懇親会でした。

現在、私がアスリートから一般の方までトレーニングを教えていますが、その指導は間違いなくここで学んだものが土台にあります。

また、ここにいるストレングスコーチの方々は本当に立派な方ばかりで、毎回刺激を受けています。
この方々に負けないように、アスリートから一般の方までさらに良いトレーニング指導をしていけるように自己研摩に励みます。

それにしても、皆かっこ良く写っているなかで私だけ卒業アルバムのクラス写真撮影のときに運悪く風邪ひいちゃっていなかったやつみたいな写り方になっていますがなっていますが、ただ終電がはやかっただけです。笑

S&C塾は9月から第5期が始まりますので、アスリートの足を引っ張らずにしっかりとしたサポートをしたいストレングスコーチ志望の方は是非参加してください。

新年度のタイミングで


今日から4月が始まり、いよいよ新年度となりましたね。
街中を歩いていても、新入社員や新大学生と見られる方々を多く見かけます。
春ですね〜

新しい年度の始まりなので、今まで運動から目をそらしていた方も是非このタイミングでトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか?

..........なんて言いません。

新年度だから、
とか
夏前だから、
とか
冬だから
とか

何かと託けて運動を始めさせようとするのを良く目にしますが、このMagazineでもよく書いているように
トレーニングというのはライフワークだと思って教えています。
人間の身体というのはやっかいなもので、一時期どんなにトレーニングを頑張っていても止めてしまっては、すぐにもとに戻ってしまいます。

そして、トレーニングをライフワークとして続けていくのはなかなか大変なもので...
習慣になってしまえばそんなものですが、それまでは固い意思が必要です。

その固い意思とは、自分の身体を良くしたいという気持ちだと思います。
ですから、季節や環境に託けてトレーニングを始めても結局続かないかな〜と。

このジムは
①筋力と柔軟性の向上を主な目的にした確実に身体が変わるトレーニングを教えること
②その効果を実感した上でトレーニングを続けていただくこと
この2つを大事にして営業しております。

もちろん、
このジムにずっと通え!
と言っているわけではありません。
ある程度、やり方を教わった上で自分でやってみてもいいでしょうし、
自主トレを後押しするシステムもあります。
例え週に1回だとしても続けてこそのものです。

と、言うわけで
新年度だから。とかではなく真剣に自分の身体を改善したいという方は
アスリート、一般の方問わず、そのはじめの一歩を是非このジムで踏み出してみて下さい。
力になれると思います。



1

« ブログ: 2017年2月 | メインページ | アーカイブ | ブログ: 2017年5月 »