HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > アーカイブ > コーヒー: 2016年8月

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE コーヒー: 2016年8月

体幹トレーニングってこういうのだ。

昨日の夜から今日にかけてかなり涼しくなり、過ごしやすいです。
こうなると急にホットコーヒーが飲みたくなりますね。

さて、今回のMagazineは短く...

巷で流行っている体幹トレーニングということもあり、題名をみて興味津々な方もいらっしゃるかもしれません。

『体幹トレーニングってこういうのだ。』

の、答えは

よくわかりません。

っていうと、お客さんの足が遠のきそうですが、実際ほんとなんです。
よくわかりません。
そもそも体幹の概念が、それを言う人によってちがいます。

よく聞く、「体幹が強い!」
って言う表現ほどあいまいなものはありません。

トレーニングをした結果、
どこどこの柔軟性があがった。
お尻の筋肉がついた。
より高強度な腹筋ができるようになった。
こういう動きができるようになった。
ならわかりますが、

体幹が強くなった。
じゃよくわかりません。

体幹という言葉がある以上、何かを指し示しているのは確かですし、おそらくこういうことをイメージして言っているんだろうなという予想はつきますが、最近はなんでもかんでも体幹で片付けてしまっているような気がします。

お客さんの貴重な時間とお金をいただきながら、そんな曖昧な表現でトレーニング指導するわけにはいかないので、誤解を恐れずに書いておきます。

体幹トレーニングというのは何なのか?
よくわかりません。

体幹トレーニングをしたい!
と言う方には申し訳ありませんが、ここではできません。というより何をしていいのかわかりません...
そのかわり、曖昧ではない筋力と柔軟性の向上による身体的な健康を提供します。

体幹トレーニングとはこういうものだ!
と自信満々に言う人ほど、胡散臭くみえてしまいます。

流行や言ったもの勝ち、では人の身体に関わるサポートはできないと思っています。

以上!


1

« コーヒー: 2016年7月 | メインページ | アーカイブ | コーヒー: 2016年10月 »