HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > 高校部活S&C > 高校生のトレーニング指導で難しいところ。

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE

< 無料体験終了(予定)の知らせ。  |  一覧へ戻る  |  トレーニングジムを始めて7年経って思う事。 >

高校生のトレーニング指導で難しいところ。

先日、指導先である早稲田実業学校高等部米式蹴球部Warriorsが創部以来42年目で初の関東大会出場を決めました!
僕がこの部のトレーニング指導を開始したのが2年前の今頃のなので、そのときの1年生が3年生になっての大会で結果がでたのもより一層嬉しい要因となっています。
しかしながら、この結果に対してどこまでトレーニングというものが影響を与えているかを知る術はありません。
それがこの職業の儚いところでもあります。

これまで、複数の部活に対してトレーニング指導をしてきましたが、
強豪校には強豪校の強さたる文化があり、強豪校ではない学校には強豪校ではない学校の勝ちきれない文化が根付いているように思えます。
(所謂、強豪校とよばれるところの指導はしたことありませんが....)
それだけに、今一歩勝ちきれない又は弱い部に対してのトレーニング指導は難しい場合があります。
トレーニングの質、プログラムの質などといった次元ではないところのアプローチが重要だったりします。

今、指導中のWarriorsに関しても今回関東大会に出場できましたが、その結果が当たり前と言える程、文化といえるほどの安定性はまだまだありません。
だからこそ、そういうチーがあるレベルのところまで勝つと言うのは非常に価値がある事ことなので、ひとつでも価値ある勝利を増やせる為にこれからも色々と試行錯誤しながらトレーニング指導をしていこうと思います。

いよいよ来月の始めから関東大会が始まるので、それにむけてしっかり身体作りをしたい!
ところですが、試合前の3週間程テスト期間という事でなんと基本的に部活はOFFなんですよねぇ...
流石に技術練習は少しやるかもしれませんが、トレーニングの時間はどうやらとれないみたいです。
テスト週間。これはまぎれもなく高校のトレーニング指導時に頭を悩ませる問題の1つです。
しかし、プロではなく高校生なので勉学が最優先なのは当然の事。

高校によってテスト週間時の部活動の有無は変わりますが、完全OFFになる学校であれば割り切るしかありません。
それを踏まえてのプログラム作成、トレーニング計画をする必要があります。
せめていい点をとってほしい。望むのはこの事だけです。

大人と高校生では確実にトレーニング指導におけるアプローチの仕方は変わってきます。
そして、強豪校かそうじゃないかでも変わるはず。
その学校の、その部活の文化をしっかり観察してベストな指導方法を選択する事が大事な気がします。
強い学校には強い学校の、弱い学校には弱い学校の理由が必ずあります。
弱い学校はそこを変えていく必要があります。
そして、そこをどうか変えていくか?
それが一番難しいんですよね。

(※今回トレーニング目線、S&C目線で書きましたが、そこだけのテコ入れでは不十分です。今回の勝利に関してもコーチ陣という要素がとても大きかったのだと思います。)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
関東大会出場を決めた後の都大会準決勝では佼成学園に41-31で負けてしまいました。
関東で、いや全国でも無双状態の佼成相手によくやりましたが、やはり悔しいですね...
来週は3位決定戦があるので、なんとしてもモノにしていい流れで関東大会に望みたいところです。







カテゴリ:

< 無料体験終了(予定)の知らせ。  |  一覧へ戻る  |  トレーニングジムを始めて7年経って思う事。 >

同じカテゴリの記事

気持ち新たに、秋季大会に向けて。

トレーニング指導先の早実アメフト部Warriors(東京4位)ですが、残念ながら関東大会2戦目で立教新座(SIC1位)に敗退しました。
ここで勝ち、再び佼成学園(東京1位)と試合したかったですが残念!

しかし、早実アメフト部創部42年目にして初の関東大会に出場できた事、そういう時にSCとして関われたことを誇りに思います。
今後も関東大会に安定して出場できる実力をつけていって欲しいという願いを込めながら、これからのトレーニング指導にあたりたいと思います。

そして毎年の事ですが、春季大会・関東大会後がSCにとって忙しい時期になります。
理由は主に以下の2つ。
・次の秋季大会にむけての体力強化
・1年生に向けてのトレーニング指導

大会に近づくにつれて、トレーニングプログラムは基本的により高強度なものになっていきます。
その分、エクササイズフォームは少し雑になりがちです。
オフシーズンに入っても、そのままのフォームが定着してしまうと傷害の可能性が高くなりトレーニング中のケガという一番あってはならないことに繋がりかねません。
ですので、シーズン終了時には一旦、高強度なプログラムから低・中強度に落とし、フォームを丁寧にコントロールできる余裕のある強度で実施することで雑になっていた部分を修正する必要があります。
(まぁ、強度が落ちるといっても量は増えるので精神的にはこの時期が一番辛いような気もしますが....)

そして、一年生のトレーニングをしっかり見れるようになるのもこの時期からです。
この部の場合は、春季大会前から数人1年生が来はじめるのですが、人数も安定しません。
そして春季大会がせまってきているため、どうしても2.3年生優先となってしまいます。
もう何人かSCがいれば良いのですが...

春季大会・関東大会終了後には1年生の人数もなんとなく安定してくるので、ここからいよいよ本格的に指導スタートとなります。
しかし、アメフト部に入部する1年生には1つ注意しておかなければいけない事があります。
特にポジションがラインになる子たち...
(※ライン→簡単に言うと最前線でぶつかり合っている大きい選手たちです)
ラインは体重を求められます。
軽いと簡単に弾き跳ばされてしまいますからね。
ですので、とにかく食べるように言われます。
しかし、アメフトは高校から始める子たちが多く、中学まではサッカーやバスケ等の違うスポーツをしてきた子たちがほとんどです。
つまり、ほとんどがヒョロヒョロな状態から急激に体重が増えていきます。
その体重増加に筋力が伴っていかなければ、どうでしょうか?
そうなんです。
ただの肥満の完成なんです....
アメフト部のラインと言えば、かっこつきますし、
NFLのレベルにもなると、たしかに腹が結構出てたりするのですが走るのも速く、メチャメチャ跳んだりします。
しかし、それが高校1年となると、下手するとただの肥満になり得るんです。
そこを警戒し、とにかく少しでも筋力を伴わせた体重増加でないと、練習中のケガにも繋がりやすくなります。
そして、これはどの部活にもある程度共通かもしれませんが、身体がメチャメチャ硬い子が多い!
これがまた厄介なところ...

というわけで、この時期はSCとしてやるべき事が多いです。
しかも、早実Warriorsのトレーニング指導ももちろんフルタイムではなく、パートタイムでの契約で基本的に週に1回ですので、出来る事は自然と限られてきますが、限られた時間の中で出来るだけ効率的に教える事を考えています。

今回のオフ中にも新しく試したい事もあるので、前年の秋季大会よりもいい状態で臨めるように準備したいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
何といいますか...
The 梅雨ですね。
最近、作業中にThe Internetというバンドグループを良く聞いているのですが、雨との相性も抜群です。
作業中には音楽とコーヒーが欠かせませんね。





No title


トレーニング指導先の早稲田実業高等部アメフト部Warriorsの関東大会出場は今一歩のところで果たせませんでした。
S&Cコーチとしてトレーニングの観点からチームに貢献できる事は微々たるものかもしれませんが、それでも色々改革が必要です。

個人的には
強いチームが強い理由がある以上に
弱いチームには弱い理由があると思っています。

その理由とされるところを監督、コーチ陣ともちろん選手達が一丸となって紐解き改善していかなければなりません。

今シーズン最後の公式戦に負けた事でWarriorsはオフシーズンに入ります。
体力面を一から見直す事の多いオフシーズンはS&Cコーチの仕事の比重が重くなります。

というわけで、トレーニング指導からウエイト、グラウンドトレーニングのプログラム作成などに追われています。
追われているというより、追い抜かれているような...
ここでもやはりフルタイムではないパートタイムとしての難しさがつきまといますが、選手達が一回りも二回りもフィジカルアップできるように努めていきます。

もう1つの指導先であるバスケ部のほうは11月の新人戦にむけて徐々に高強度トレーニングに突入していますのでこちらもケガする事なくいい状態にもっていかなければなりません。

10月にはいって一気に肌寒くなりましたが、気持ちの面ではより熱くいきます。


最近はNETFLIXで配信中のLAST・CHANCEというアメフトのカレッジリーグを題材にしたドキュメンタリーにはまっております。
選手目線
コーチ目線
親目線
学校目線
など...
選手に関わる色んな役割の目線からみることができますし、アメフトの枠に収まらず多くの事を感じとれてオススメです。



今年も残り3ヶ月きりました。
目の前の課題に対して、容赦せずぶっ潰します。

(書き終えたところでこのブログのタイトルが何も思いつきませんでした...)


作業 or トレーニング?


当たり前の事ですが、実施したトレーニングはメモをしないと伸びません。
その日行ったトレーニングの種目、強度、量...などなど。

前回やったトレーニングの内容を忘れてしまってはその日やるトレーニング内容もブレブレになってしまいます。
トレーニングというものは計画性がもの凄く求められます。特に目的が「勝つ」ことであるアスリートであればなおさらです。

現在、高校のバスケ部とアメフト部の2つの現場に指導に行っていますが、いずれの現場でもトレーニングを実施するにあたりノートをとることを徹底させています。
最初はなぜノートが必要なのかイマイチわからなかった選手もいたと思いますが、徐々に必要性を理解してきています。
トレーニング後に必死にノートに書き込んでいる選手の姿を見ると、次回に活かそうとする姿勢が伝わってきます。

トレーニングプログラムや、実施した強度、量だけではなく、注意点や次回へのアドバイスなども含め、
「これだけやったんだ!」
と自信を持てるようなトレーニングノートを作ってほしいと思っています。

トレーニングは頭を使います。計画性も求められます。
何も考えずにやっているのはトレーニングではなく、ただの作業です。

せっかく、辛い思いをしてやっているわけなので、そのすべてをムダにせず活かすためにも「作業」ではなく「トレーニング」をしましょう!

ちなみにこのジムでも、おおよそのトレーニングプログラムが確定してきた方には、ご自身のやっているトレーニングプログラムを知る為にもトレーニングシートをお渡ししています。



S&C for Footballer


新たに現場指導が増えました。
早稲田実業学校高等部米式蹴球部Warriorsです。

ご存知の通り、アメリカンフットボールは激しいコンタクトの連続です。
傷害予防の可能性を広げる為にも、より速く、より高く、より遠くに、を可能にする為にもS&Cが不可欠です。

彼らにもただ作業的にやるトレーニングではなく、目的を明確にした「頭のいい」トレーニングを知ってもらいます。

いろいろな理由で指導中の写真はありませんが、嘘ではないですよ。笑

そして、明日から6月ですが6月も宜しくお願い致します!
ご予約はお早めに。




インターハイ支部予選突破

トレーニング指導している学校のバスケ部がIH支部予選を勝ち抜き、県予選にすすむことが出来ました。
勝った時に、本人達はもちろん、監督からサポートスタッフから選手達の親御さん、同級生、OBが全体で勝利を喜んでいるのをみて、本当に僕自身も嬉しかったし、ホッとしました...
とは言え、本当に厳しい戦いはここからなので、いつまでも喜んでいるわけにはいかないのですが。

去年の12月からトレーニングを始め、そのときは筋力はもちろん、身体もカチカチな選手が多くて、これまでのバスケのセンスだけでやってきたんだろうなぁと思えてた選手達ですが、トレーニングを始めて6ヶ月足らずとは言え今ではそれなりの重量を扱うようにまでなりました。

相手よりも少しでも 強く、高く、速く を可能にできるような身体作りを目指してやってきました。
そして、その身体作りは、他の部活でよく見かける雨の日にちょこっとやる生易しく適当な腹筋や腕立てだったり何の制御もない関節に負担をかけるだけのスクワットとは違い、「意味のあるトレーニング」はかなり辛くストレスの感じるものであったはずです。
そんな思いをしながら継続して来たトレーニングですが、残念ながら今回の勝利にどれだけ貢献し、関わっているかを数値化する術はありません。
ただ、その試合相手よりもコート上で輝き躍動していた事だけが事実としてあります。

アスリートがアスリートとして活動する時間は短く、限られています。
高校の部活はある意味、その最たるものです。
勝ったチームが喜ぶ一方で、そのすぐ近くでは引退となり、涙を流しているチームがあるわけです。

そんな短い貴重な時間の一端を担っているわけなので、ムダなトレーニングを教えるわけにはいきません。
S&Cコーチは試合が始まってしまっては本当に無力で、何も選手達にしてあげられる事はありません。
監督やコーチのように的確な指示をだすことはもちろんできませんし、ATみたいにケガの応急処置も基本的にしません。
だからこそ試合に臨むまでの身体作りに全力をそそがなければなりません。

S&Cコーチとして色んな事を考えながらトレーニングプログラムを組んできました。
県予選でも堂々と戦ってほしいですね。