HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > アーカイブ > 2018年7月

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE 2018年7月

無料体験申し込みの際に


SHONAN TRAINING DEPT.では入会前にどなたでも無料体験を受けていただけます。
この"無料体験”は是非受けていただきたいと思っております。
それは、このジムに入会しようかどうか迷っている方だけではなく、現在ジムにもう通っている方でもやり方が合っているか不安に思っている方やトレーニングに関するいろいろなことに対して疑問を持っている方でももちろん大丈夫です。

無料体験では、このジムで出来ることや出来ないことから、ここで実施するトレーニング方法や流れなどお店に関することももちろん説明していきますが、このお店に関することだけではなくトレーニングに関することでアドバイスできることは極力やっていこうと思います。
その結果、このお店に入会することがベストな選択ではなかったとしても、他の選択がその方にとってトレーニングをライフスタイルに根付かせる為のベストな選択になればいいのではないかと思っております。

無料体験の申込みの際に、無料体験を申し込んだ理由をある程度詳しく書いていただけるとなおさら有意義な時間にすることができます。
・トレーニングの目的
・トレーニング期間
・自主トレの有無
・痛めている箇所の有無
などなど

それらの情報が前もって知ることが出来ると、こちらもその情報にあわせて体験をすすめる準備ができますので、体験がより良いものになるかと思います。
また、もちろんわからないこともあります。
もし、わからないことやあまり力になれないことも前もってわかれば申込みいただいた時点でそういうこともお伝えできますので、無駄な時間も省くことが出来ます。


無料体験

このお店をゴリ押しするためのサービスではありません。(必要だと感じればもちろん自信をもってゴリ押しします。)
トレーニングに関することで疑問などございましたら、是非ご活用下さい。

その際は、トレーニングに関する情報があると助かります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
セミ怖いって...
耳元でいきなり「ジッッ!!!」って鳴いてめっちゃ飛び狂うんやもん
そんなんならへんやん、普通
言っといていや、そこにおるんやったら




老化による衰退

老化ってそもそもなんなんでしょうか?
どのようにして老化がおこるのか、そのメカニズムの解明はとても難しい問題ですが、
加齢によって身体機能が低下していくことを老化と言います。

運動をしていなければもちろん、例え運動していたとしても老化により身体機能は様々なところで低下していくことになります。

1990年頃のアメリカの調査では80歳以上のお年寄りの死亡原因のトップは転倒などの物理的要因によるものでした。
また、筋力の衰えとして顕著な部位に下半身の筋群が多くあげられ、
何も対策をしなければ大腿四頭筋は80歳ごろには、一度座ると二度と立ち上がれないくらいに弱化してしまうと言われています。

こういった事実を目の前にして、
さぁトレーニングしましょう!
というのは簡単なわけですが、前述したようにトレーニングをしていたとしても老化による衰退をとめられるわけではありません。

この業界にいると良く目にしますが、不安を過度に煽ってキャッチーすぎるコピーで運動やトレーニングを促すのもどうかと思います。
なので、はっきりと言っておきますが、トレーニングももちろん老化を止めることなんてできません。
当たり前ですよね。
トレーニングの役割は老化による身体機能の低下を出来るだけゆるやかにすることです。

出来るだけゆるやかに、最大限にゆるやかにする為にはやっぱり適切なトレーニング方法が必須になってくるわけですが、その都度変化を感じとることはとても重要です。

例えば、
週一のトレーニング
規則正しいいつものサイクルの日常生活
摂取カロリーも大した変化はなし
にもかかわらず、

いつもやっている重りが重く感じ、徐々に上がらなくなってきた
なぜか体重も少しずつ増えてきた

などのネガティブな変化があれば、老化による身体機能低下により代謝などが落ちていることも考えられます。(もちろん、何かの病気など他の原因も排除しきれませんが。)

そういった変化があれば、それに対応してトレーニングや食事内容も変化させていくことが必要です。
トレーニングの主な変数として
・強度
・量
・頻度
がありますが、こういった場合は「頻度」を増やすというのが1番適切に対応しやすいと考えられます。
トレーニング強度に関しては、そもそも発揮できるギリギリの筋力でやっていればそれ以上むやみにあげることはできません。
またトレーニング量に関しても、1回に出来る量は体力的な面で高齢であればなおさら限られるでしょう。
しかし頻度は改善の余地があるのではないでしょうか?
週に1回のトレーニングではなかなか筋力を維持するのが難しくなってきたのであれば、週に2~3回実施することをおすすめ致します。
そう考えると、大手のフィットネスクラブで高齢の方が日常的にジムに来ているというのはいいことですよね。(トレーニング方法などに関しては疑問が残るところですが.......)

最近は人生100年時代といわれ、定年退職になってからの資産づくりが問題になっていますが、身体機能も重要な資産に他なりません。

20代〜50代の現役世代ではトレーニングにそこまで時間を割くのは難しいかもしれません。
そうであれば最低限週一程度の有意義なトレーニングを実施し、トレーニング習慣の基盤をつくっておき60代以降は老化による身体機能低下を最大限にゆるやかにするためにトレーニング頻度を増やしてみるという作戦がいいのではないでしょうか?

そんなことを言っている私はまだ30代。
もちろん20代のころや学生時代のころからしてみれば、回復の遅さというミニウェーブは実感していますが、
加速度的に低下する老化というビッグウェーブは実感することができません。
しかしながら、そのビッグウェーブに立ち向かうべく準備をしている次第であります。

トレーニングしていればOKというものではありません。
現状を受け入れ、変化をさせていくのが重要です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
だからこそ、トレーニングは記録管理したほうがいいですし、自主トレ習慣を身につけることも大事ですね。







筋肉痛が教えてくれること

筋肉痛...
煩わしいですよね。

運動をして損傷した筋繊維が炎症をおこすことで筋肉痛になるとされていますが、筋肉痛になるメカニズムをはっきりさせるにはまだ研究を続ける必要があるようです。

何にせよ、ある程度の強度・量でトレーニングを実施すると筋肉痛になるわけですが、悪いことだけではありません。
筋肉痛は正直で、そこから学べることもあります。

例えば、臀部の筋トレをした後に臀部の筋肉痛になったとしましょう。
なった方はわかると思いますが、臀部の筋肉痛はやっかいです。

歩く時は、あまり歩幅をとりたくありませんし、
イスから立ち上がる時は、極力腕を使いたくなりますし、
逆に座る時も、どこかにつかまりながら座りたくなります。
階段の昇り降りなんてもってのほか。

なぜ、このようなことが起こるのか。
それは
歩幅を大きくして歩くとき、
イスから立ち上がるとき、
イスに座るとき
階段を昇り降りするとき、

臀部が痛いからです。
つまり、臀部の筋肉を使っているからです。

これは何を意味しているかと言うと、
臀部の筋肉が衰えたりなどして、筋力がなくなったときに

歩く歩幅が小さくなります。
イスから立ち上がる時や座る時、どこかにつかまったり杖に頼ったりします。
階段は手すりなしでは昇り降りするのが困難になります。

ということを意味しています。
もちろん、これらの動作は臀部の筋肉だけではなく、他にも色んな筋肉が関与しています。
ですが、人間は複合的な動きをするために色んな筋肉を協調させながら動いています。
どこかの筋肉が弱くなり、筋力が不足すれば、自然とそこを補うような動作に変わります。

臀部だけではなく、大腿部、下腿部など下半身全般の筋力がその動作を遂行するために必要とされる筋力を発揮出来なくなれば、腕などの上半身の力に頼らざるをえなくなるということです。

出来るだけそうならない為に、
より長く日常生活を
より長くスポーツやアクティビティを
楽しむ為に「トレーニング」というものがあります。

トレーニングには色んな種目があります。
臀部を鍛える種目
大腿部を鍛える種目
肩を鍛える種目
腕を鍛える種目
背中を鍛える種目
腰を鍛える種目
腹筋を鍛える種目.....

それらの種目を正しく実施できた時にやってくる「筋肉痛」
それはその部位の筋肉がちゃんと動いてくれなくなったときに、
こういう動きになるんだぁ
こうしたくなるんだぁ
これしたくなくなるんだぁ
ということを教えてくれます。

適度な筋肉痛はねらった部位を鍛えられているという確認にもなります。

というわけで、
筋肉痛にならなければ意味ないというわけではないですし、筋肉痛にさえなっていればOK!というものでもありませんが、
筋肉痛になったら、「よしよし!」と思いながらニヤけながら手すり使って階段上りましょう。
(※手すり使いながら階段のぼらなきゃいけないほどの筋肉痛には基本的にはならないので、ご安心を...)


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
そしてしっかりとした栄養管理、睡眠は回復を早めます。
自己管理を怠り、筋肉痛をムダに長引かせないようにしましょう!





8月のお休み


連日猛暑が続いておりますが、そんな中でもトレーニングを継続されている皆さんに脱帽の日々です。

さて、8月の営業に関してですが、
13〜15日はお休みをいただきますので、予めご了承下さい。
宜しくお願い致します。
(定休日はそのままです。)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サッカーW杯はフランスの優勝で幕を閉じました。
また4年後。
そろそろ現地にいきたいなぁ...
カタールかぁ...



ようやく...


先日、撮影していただいたジムの写真が出来上がりました。
ですので、もうまもなくHPの写真も指し変わります。
リニューアルしてからすでに2ヶ月以上たっており、わかりづらいHPのままでご迷惑おかけ致しました!
これでようやく色々落ち着きそうです...

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サッカーのW杯、日本は負けてしまいましたね...
ですが、やることは1つ!
ベルギーの応援です!
ベルギーvsブラジルの注目の一戦は午前3時から!

うん!寝る!!


1

« 2018年6月 | メインページ | アーカイブ | 2018年8月 »