HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > アーカイブ > 人々

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE 人々

2019年営業開始!

皆様、明けましておめでとうございます。
SHONAN TRAINING DEPT.は本日より2019年の営業をスタートしております。

昨年は5月に鎌倉のトレーニングスタジオから移転リニューアルしたこともあり、バタバタして大変ご迷惑をおかけ致しました。
しかしながら、その移転も来ていただいている方々にとってより良いトレーニング指導を提供するためのものであることは間違いありません。
一年前の自分と今現在の自分と客観的に比較してみると、色んな面で成長できていると自負しています。
2019年も、またこの先もさらに勉強し、経験し、試行錯誤しながらトレーニング指導というものに磨きをかけていく所存であります。
今後とも宜しくお願い致します。

2019年の最初の活動は、大学同期の和田賢一氏開催の3日間のスプリントキャンプに参加というものでした。
(写真は最終日の集合写真です。)
和田氏はライフセーバーとして活動する一方で"超短距離”のスプリントコーチとしても活動しており、多くのアスリートにその技術を指導しています。
ジャマイカに単身で乗り込み、ウサイン・ボルト選手のチームで指導を受けてきた経験は圧倒的で、それだけに説得力も桁違いなのではないかと思います。

私の職業であるストレングスコーチの役割は、筋力・可動域を向上させる事を主体とした身体作りです。
色々なスポーツにおけるパフォーマンスを直接的に向上させることはできません。(厳密に言うと、出来ると言ってはいけないというニュアンスでしょうか?)
なので、
「今より速く走りたいのですが、早く走る方法を教えてもらえますか?」
という依頼に対する私の答えは
No.
です。

しかし、和田氏はそこを
Yes.
と答えられます。
それが走りの技術コーチということです。

誤解されたくないので、補足しておきますが、
だからといって、筋トレは必要ないとか、筋トレを教えるストレングスコーチよりもパフォーマンスに直接的な影響を及ぼせる技術コーチのほうが優れているとか、そんなことではありません。
ストレングスコーチという職業は、身体を丈夫につくり、技術をあげるための練習をしっかり行える為の身体をつくることが仕事です。
この部分が不足していれば、走るのを速くする為の練習すらまともに行えないわけですから。

というわけで、2019年は最初から実に刺激的なスタートになりました。
このまま色んな事に挑戦し、また挑戦する人を"身体作り"の面からサポートしていく年にしたいと思っております。

足が速くなりたいアスリートは是非、和田賢一にコンタクトしてみてください。
"身体作り"をしたい方、トレーニングとはどういうものなのか?を知りたい方は、私のほうに連絡ください。

本年も宜しくお願い致します!!!


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
昨日そのスプリントキャンプが終わって流石に疲労もあるので、2019年の自主トレのスタートは明後日からにしようと思います...
また始まるのか...



Do you Know "和田賢一" ?

急ですが、今回は私の大学同期である「和田賢一」という男、いや漢について紹介をさせていただこうと思います。

この「和田賢一」という人物を知っていますか?
知りませんよね?多分...

そして紹介しますといったものの、彼とはこれまで色々とありすぎて、どこまで遡って話をはじめて良いか私自身よくわかりません。笑
かなり簡潔に説明しますと、
彼は
ライフセーバーとして活動しており、
その中の競技の1つであるビーチフラッグスという種目で世界一になるべく日々練習しています。
ビーチフラッグスというのは、なんとなく知っている方も多いと思いますが、ビーチの上でうつ伏せの状態から20m先のフラッグ(旗)をとる速さを競う競技です。
単純でわかりやすい競技ですが、それだけにとても奥が深い競技でもあります。
ビーチフラッグスを構成している要素は主に2つ。
うつ伏せの状態から走り出すまでの「起き上がり」
そして、およそ20mの「スプリント」です。
世界のトップ達と競うには、そのスプリントにおいて圧倒的なスピードが必要だと彼は考えました。
その考えのもと、彼はあのウサイン・ボルト氏のチームでトレーニングするため、単身でジャマイカにいくほどの漢です。
また、ビーチフラッグスの練習をしながら「命」を守るための活動も精力的におこなっています。

何となく、興味もっていただけましたでしょうか?
詳しくは、和田賢一のオフィシャルサイトがありますので是非見ていただければと思います。

また、コチラ↓の動画もご覧下さい。
先日開催されたTED Kyotoでスピーチしている動画です。
この15分間に彼のすべてが詰まっています。



ちなみに当ジムが来年の営業再開が平年よりも少し遅れる理由は、その時期に彼が淡路島で開催するスプリントキャンプに参加することになったからです。
最近、ウエイトトレーニングだけじゃなく、走ったり、フットサルしているのもそれにむけて身体を作っているからです。笑

先程あげたように、彼は20mのスペシャリストなんです。
20mという距離を追究し、世界一速い人物の元で練習したという経歴もあります。
20mという超短距離。
しかし、この超短距離のスプリント能力が欲しいアスリートはたくさんいるはずです。

走るのも「技術」
この「技術」を教える事が彼にはできます。
その技術が欲しい方は是非、依頼してみてはいかがでしょうか?

今回は「和田賢一」という人物の紹介でした。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
新年早々、伊弉諾神宮に参拝にいけるのはありがたいです。
今から楽しみです。

ある若者について



本日もトレーニングをしに来て下さった方々、ありがとうございました。
無数の数程あるジムの中から、ましてやちょっと変わったところにあるにも関わらず、このジムに足をはこんでくださるお客さんに毎回感謝しながら指導にあたらせていただいています。

今日は指導の合間に、数年前から付き合いのある日本代表サーファーである石川拳大がトレーニングの必要性を感じ、トレーニングとはどういうものなのかを聴きに来てくれました。
実際、横乗り系のスポーツにおいて、ストレングス&コンディショニングという分野はまだまだ浸透していません。
珍しくトレーニングやっているとしても、お決まりの
体幹だの
バランスだの
ファンクショナルだの
という感じです。

拳大にも正直そういうトレーニングに出会う機会はいくらでもあったはずですが、そうではなくこのジムに来てくれたのも彼の才能であり、縁だと思います。
今回、トレーニングで出来る事と出来ない事をしっかり伝え、トレーニングの本質を理解するように根本的な事を伝えました。
来年大学を卒業し、アスリートとして活動していくであろう彼をしっかりトレーニングの分野でサポートできればと思います。

彼は全日本サーフィン選手権優勝という経歴をもち、現在は2020年東京オリンピックに向けた強化指定選手として活動しているアスリートでありながら大学でも様々な行動を起こしています。

上の動画もそのひとつで、地球と向き合う事の大切さを伝える映画を製作するためのプロモーションになっています。

詳しくはコチラをご覧頂き、共感できる方や若いアスリートが本気でやっていることを応援したいという方がいらっしゃいましたらは是非とも協力頂ければと思います。

彼が編集している他の映像プロダクションもコチラからご覧頂けます。

しかし、若い頃からしっかりアクションを起こし、自分の考えを堂々と発信する彼をみて、私自身も刺激を受けました。
もっともっと頑張らねば...
三十路にも突入したことだし...

1

« サプリメント | メインページ | アーカイブ | 店舗情報 »