HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > アーカイブ > 2018年6月

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE 2018年6月

どこのフィットネスクラブに入会すればいい?


どこのフィットネスクラブに入会すればいいのか?
これはなかなか難しいところで、始めてフィットネスクラブに入会する際には迷うところだと思います。
(※ここで言うフィットネスクラブは大手の定額の会員制ジムを指しています。)
まず、大事な条件として
・家、または職場からの距離(通いやすさ)
・料金などのシステム
・広さや衛生面など環境面
が大きく関与してくると思います。
結局のところ、通いやすいところに入会するケースが多いことと思います。

しかしながら、今や首都圏には1つの駅に複数のジムがあることは珍しくありません。
そういう場合にはどうしていますか?

現在、多くの会社がフィットネスクラブを経営しています。
ぱっと思いつくだけでも、
・TIPNESS
・CENTRAL
・NAS
・OASIS
・GOLD GYM
・MEGALOS
など
他にもいろいろあります。

そして、各会社、各店舗でそれぞれの強みがあります。(あるはず?)
エアロビやボクササイズなどのスタジオレッスンが充実している、プールが広い、マシンのエリアが広い、スタッフの管理がいきとどいている、などなど。

通いやすさや料金面で選ぶのも1つですが、いくら通いやすくても自分のしたいトレーニングが出来なかったり、プールを使いたいのに、プールが狭かったりしてはなかなか続けるのは厳しいですよね。
なので、自分がしたい運動をしっかり出来る環境があることを見学などでしっかり確認してから入会するのがおすすめです。
見学の際に、環境面だけでなくスタッフの対応や衛生面などもある程度はわかるはずです。

その中で、
筋トレをしっかりしたい!
というのが目的であれば、現状はGOLD GYM一択だと個人的には思っています。
店舗によりますが、その他のクラブはパワーラックがない、または少ないなどのフリーウェイトの設備面が乏しかったり、マシンの台数も限られていたりと、筋トレをしっかりしたいという方にとっては環境として不十分な可能性が高いです。

そうしたフリーウェイトの設備面が乏しい理由としては以下のことが考えられます。
・フリーウェイトをしっかり教えられるスタッフがいない。または研修するにも手間がかかる。
・利用者の高齢化などの理由により、そもそも需要が少ない。
・安全面の理由で比較的安全なマシンを中心にしている。

今や、ほとんどのフィットネスクラブではこれらの理由により、フリーウェイトスペースが乏しいところがほとんどですが、GOLD GYMは基本的にその心配はありません。
なので、ここでトレーニングの基礎を教わり、自主トレを始める方にも基本的にはGOLD GYMをオススメしています。
他のクラブでは、せっかくここで基礎を教わってもそれを活かせることが少ないケースがあるからです。
あとはまだこの辺には少ないですが、エニタイムフィットネスも比較的フリーウェイトが充実しており、場所によっては店舗数も増えているのでおすすめです。そして月会費が安いところも魅力の1つです。

これから、夏にむけてフィットネスクラブに入会することを考える方も多くなるかと思いますが、入会する前に今一度考えてみて下さい。
続けることが第一なので、通いやすいというのは確かに重要ですが、それだけでは不十分な場合があります。

何にせよ、
運動不足→フィットネスクラブに入会
というのは少々安易すぎますので、お気をつけ下さい。
フィットネスクラブはあくまでも「運動する場所」です。
「フィットネスクラブに入会してみたものの...」
入会すればOKではありません。
一番防ぎたいのは、幽霊会員となりほとんどフィットネスクラブに行かないのに、ただただ会費だけが引き落とされてしまうような状況です。
フィットネスクラブはちゃんと利用しましょう!
「大手フィットネスクラブは利用してナンボ」

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
はや今年も7月です。
あっという間に折り返しましたね....

トレーニング導入は攻めの一手!


トレーニングを始めるにあたって心配事の1つが日常生活における「疲労」だと思います。

仕事と、家のことでいっぱいいっぱいで疲労困憊なのにさらにトレーニングをして疲労を蓄積するなんて考えられない。
という方は多いのではないでしょうか?

ここでトレーニングをライフスタイルに取り入れる方と、そうでない方との考え方は2つに分かれます。

トレーニングを始める方は、現時点で体力がなく、疲れやすかったりするのですが、だからこそ体力をつけて日常生活をより快適に過ごすためにトレーニングを始めます。(QOLの向上ですね。)

トレーニングがただ単に疲労が蓄積するもので、日常生活がよりしんどいものになってしまうと捉えている方は、もちろんトレーニングなんて始める気にもならないですよね。

トレーニングで疲労が溜まる。
これは事実です。
しかし、トレーニングというものは(人間の身体というものは)そこで完結しません。
適応しようとするのです。

日常生活で疲労が蓄積し、腰も痛いし、肩もこる...
そうだ、マッサージやリラクゼーションに行こう!
これも疲労を取り除く対処法の1つです。
しかし、これでは体力が向上せず、また疲労が蓄積するのを待つだけの生活です。
つまりゼロからマイナスを行き来するような感じですね。
守りの一手とでも言いましょうか。

それに比べてトレーニングはどうでしょうか?
確かに日常生活の疲労に加えて、トレーニングによる身体的な疲労も加わります。
しかしながら、この疲労は 「条件付きの疲労」です。
短期的にみれば単なる疲労ですが、長期的にみれば、体力を向上させてくれるスパイスなんです。
(だからこそ、トレーニングを短期的で終わらせてはダメなんですね。ただの疲労になってしまうので。)
そして、トレーニングってやつは脳内にポジティブな影響を及ぼしてくれます。決して疲れさせるだけではありません。
(運動したあとの爽快感を味わったことがある人は多いのではないでしょうか?)

現代社会において、日常生活での疲労は身体的なものが多いでしょうか?
職業によるとは思いますが、脳や精神的な疲労のほうが多いイメージが個人的にはあります。(私は職業柄身体的疲労のほうがおおいです。売上が悪い時は精神的疲労とのダブルパンチです。笑)

精神的な疲労だとしても、「疲れている」という捉え方をすれば運動やトレーニングもする気にはならないでしょう。
そうこうしている間に、筋力も衰え、体力がなくなるので日々の生活においてますます疲労が溜まっていくという負のサイクルにはまってしまいます。

でも実際は運動をする体力は残っているはずなんですね。
そして、その運動は弱っている脳や精神的なものにポジティブな作用があるのだとすれば、やらない手はないと個人的には思っています。

トレーニングを日常生活に取り入れることは「攻めの一手」
それに対して、マッサージなど疲労を取り除く対処法を「守りの一手」と表現し、ネガティブな印象を与えてしまったかもしれませんが、そうではありません。

「攻めの一手」

「守りの一手」
も両方重要です。

トレーニングはいいものです。
しかしながら、最初から言っているように疲労をより蓄積するのも事実。
そんな時は、その疲労を取り除かなければならないし、攻めるのを一旦休止しなければなりません。
攻め続けるのもナンセンスです。
「守り」も重要なんです。
でも守ってばかりでは、上述したように負のサイクルにはまる可能性が大きい。

守ってばかりの方には、是非「攻めの一手」を強くオススメ致します。
そして、その「攻めの一手」で重要なのが、効果的に効率的にトレーニングをすることです。
筋力も体力も向上しないようなムダに疲れるトレーニングはあってはいけません。
ましてや逆に身体を壊してしまうようなトレーニングも。

一般の方は、QOL向上の為に
アスリートはより競技人生を謳歌する為に
是非、いい環境のもと「攻めの一手」をうってください!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いよいよセネガル戦です!
両チームにとって負けられない一戦。
西野JAPANはどんな「攻めの一手」をうつのか楽しみです!

自主トレのススメ


このジムでは自主トレをオススメしています。
と、言いますのもトレーニングはライフワークです。
この先も長く続けていくものですので、やはり1人でできるようになるように超したことはありません。(特に一般の方の場合。)

パーソナルトレーニングには以下のようなメリットがあります。
・マンツーマンで丁寧に教えてもらえる
・基本的に結果が出る(ちゃんとした指導者であれば...)
・他の人を気にせず、自分のペースですすめることができる
・トレーニングを受けるにあたり予約をするので、行かざるおえない状況ができる
など

しかし、デメリットもあります。
・料金が高い
・↑にともないトレーニング頻度に限度がある
・日程を合わせづらい時がある(好きな時にトレーニングが出来ない)
・転勤などの理由で行きつけのジムに行けなくなった
など

これらのメリットとデメリットを考慮した時に、1番いい方法は

最初は集中的にパーソナルトレーニングを受けて基礎を身につけ、徐々に自主トレをはじめていく

ことだと思います。
最初から独学やフィットネスクラブで自分でトレーニングを実施すると結果に結びつきにくい可能性がありますし、ずっとパーソナルトレーニングを受けていた場合には、上記のようなデメリットがあります。
経済的に余裕があり、料金の問題がない場合の方でも、何らかの理由でかかりつけのトレーナーの指導が受けられなくなる可能性があります。
また違うトレーナーを探せば良いかもしれませんが、全ての業界で言えることでしょうがピンキリです。
運良く、優れた指導者が見つかればいいですが、そうならない可能性もあります。
トレーナーを色々試しているのであれば自主トレを出来るようになっていたほうが効率的でそんな手間もかけずに済みますし、何かの理由でかかりつけのトレーナーの指導が受けられなくなった場合にも焦る必要はありません。

いつでも自分でトレーニングを始められるようにしておく準備が大切です。

どんなジムでもどんな指導者でも
自主トレはしたほうがいい!
と言うと思います。

しかしながら、パーソナルトレーニングジムでその自主トレを本当に後押しするシステムなどがないところがほとんどです。
なぜなら、顧客が減ってしまい売上が減ってしまう可能性があるからです。
大抵は人の弱みに付け込むほうが楽ですからね....

このジムは、
自主トレをしてほしい!
という思いだけではなく、それを後押しするシステムも作っています。
自主トレ割り
自主トレをすれば、大幅にトレーニングにかかる費用が節約することが可能です。
また、自主トレを始められるだけの基礎的な知識や経験をばっちり教えられます。

しかし、大抵の方は思うでしょう。
自主トレを始めるにあたって、一番ハードルが高いのは、知識や経験の問題ではなく
「1人でやること」
ですよね。

今までは、トレーナーがついてくれてるから何とか辛いトレーニングもこなせたけど1人だと億劫でやる気になれない....
しかも今まではパーソナルで自分だけの空間でトレーニング出来ていましたが、大手のフィットネスクラブやトレーニングセンターに行くと人がいっぱいいて使いたいマシンも好きな時に使えないし、周りも気になる....

死ぬ程わかります。笑
が、色んなことに対して1人で何かを出来るようになるということは皆さんもおわかりの通りとてつもない優越感がともないますよね。
これまでも色んなものに対してそうであったはずです。
トレーニング以外に1人でできないものってありますか?
他の方からのサポートは必要でも、全く1人で解決方法がわからないものって意外と思いつかないはずです。

このジムは、
トレーニングを始める人
トレーニングを続ける人
自主トレを始める人
を応援しますし、得するようなシステムにしています。

それらのサポートをうけて自主トレを始めてみることも少しずつ考えてみてはいかがでしょうか?
少しずつでいいです。
皆さん急に自主トレ始めるとお店潰れますので。笑

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
あ、一応ジムで水買えるようになりました。
プロテインも販売予定です。




結果への近道


トレーニングにおいて、自分が思っているようになるには地道にコツコツとトレーニングを積み重ねていくしかありません。

・筋力向上
・腰痛や肩こりなどの機能改善
・シェイプアップ
・リハビリ
などなど、トレーニングをやる目的は人ぞれぞれ違いますが、どの目的も数日トレーニングをやったからといって達成されるものではありません。
また、長い期間やっているからといって達成されるものでもありません。

適切な
・量で
・頻度で
・強度で
・プログラムで
・フォームで
実施してやっと結果がでるものです。

なので、トレーニングにおいて「近道」という概念は存在しません。
しかし「遠回り」はいくらでも出来てしまいます。
「遠回り」ではすまないことも....

不適切な
・量で
・頻度で
・強度で
・プログラムで
・フォームで
実施していればいくらでも「遠回り」はできます。

そんな「遠回り」をしないためには、まず
ちゃんとした指導者に見てもらうことです。
自己流や、ネットや本からの知識だけでトレーニングを始めるのはおすすめしません。

確かにどんなものにおいても専門家をつけるというのは、お金がかかるものです。
しかし、ずっと専門家に頼り続ける必要はないはずです。
基礎をはじめに集中的に経験し、そこからはちょっとずつ自分でも実施していけば良いのです。
結局はその方法が一番ムダな時間もお金もかけずに、「近道」ではないですが目的に対して「遠回り」にはなりません。

トレーニングの必要性を感じて、始めようと思ったなら
フィットネスクラブへの入会を考える方がほとんどだと思いますが、ただ安易にフィットネスクラブに入会しても「遠回り」になるかもしてません。

このジムの無料体験は、
ジムの雰囲気や、どんなトレーニングをするのか、トレーナーがどんな人なのか?を確認する為に利用する方が多いと思いますが、
これからトレーニングを始めるにあたって、どうすればいいのか?どこに行けばいいのか?という方も遠慮なく利用下さい。
必要以上にここを薦めたりもしませんので、ご安心下さい。笑
「遠回り」せずに、その人にとって一番いいトレーニング生活をおくれるようにアドバイス出来ると思います。

トレーニングに
「近道」
はありませんが、
「遠回りは」
あります。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日本代表がコロンビアに勝ちました!

スポーツは試合が終われば「ノーサイド」
選手たちがお互いの健闘を称えます。それがスポーツのいいところであり、それこそがスポーツ。
サポーターもそうであってほしいですね。


1kg単位の優れもの


先日、重量設定は大事ですよ!っていう内容のブログ書きました。
「重量設定は綿密に!」

簡単に言うと、その日の気分や何となくではなく、前回のトレーニング内容を見返して少しずつ調整していきましょうという内容でした。

そしてトレーニングを積めば積む程、少しの重量の違いでも大きく感じるようになります。
そうなると、重量設定もより細かくできたほうがいいわけですが、今回の移転リニューアルに伴いまして取り入れたのが
ROGUE社のチェンジプレート
です。

これは1kg単位で重量設定ができるので大変助かっています!
今までは2.5kg単位でしたので、
例えば40kgの重さがクリア出来れば次は42.5kgになります。それが出来れば次は45kgという感じで上がっていきます。
トレーニングをやっていけばわかりますが、この2.5kgという重さが時にかなり大きく感じます。
ギリギリで40kgのスクワットが出来たとしましょう。
次の重量である42.5kgにチャレンジしたい気持ちもありますが、現実問題いきなり2.5kgあがってしまうと厳しい場合がでてくるんです。
そんなとき、1kg単位で重量調整ができると助かるんですね!

というわけでとても重宝しております。

重量設定は重要です。
いつまでも出来るようになった重量でやっていてもそれ以上の体力(筋力)向上は見込めませんが、かと言って重量が上がりすぎてしまうと目指していた回数がこなせなかったり、最悪どこか痛めてしまう可能性もあります。
上げていきたい気持ちを持ちながらも冷静に無理しすぎることなく実施するために、重量調整は細かく出来たほうがいいんですよね。

より自分の限界に近い重量で踏ん張りましょう!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ちなみにこのチェンジプレートはカラフルでかわいいらしく、女性うけがいいです。笑


何言ってるかわかっているけど、理解していない。


SHONAN TRAINING DEPT.としてリニューアルオープンしてから一ヶ月程たち、ようやく自分でも環境に慣れてきました。
HPの写真に関しましては、もうしばらくお待ち下さい...

さて、突然ですが
フィットネスクラブでトレーニングを始めた方はこのように教えたもらったことは多いのではないでしょうか?

「10回程度できる重さでやってください。」
「10回ギリギリでできる重さでやってください。」

これは、フィットネスクラブに入会した際にマシンの使い方の説明をうけるなかで良くされるであろう表現です。
現に私もフィットネスクラブでのバイト時代にこのように説明していました。

しかし、今になって思うのは
これじゃ不十分だなー
ということです。

先程の表現に関して、もちろん日本語ですし、専門用語がはいっているわけでもないので特別理解に苦しむような難しい表現ではありません。
なので、もちろん
「ちょっと何言ってるかわかんないっす。」
というサンドイッチマンのネタみたいなことにはならないはずです。

ですが、その意味を本当に理解できているかというと、できていない場合がほとんどだと思います。
そこにジムに入会したけど、
筋力がつかない
やり方があっているかわからない
効いているのかわからない
身体が変わらない
などの悲しい結果になってしまう落とし穴があるわけです。

トレーニング経験者からすると、先程の表現である
「10回程度できる重さでやってください。」
「10回ギリギリできる重さでやってください。」
で十分伝わると当たり前のように思っています。

しかしながら、トレーニングが初体験や初心者の方にとってはどうでしょうか?
いまいち、ピンときていないはずです。

なので、フィットネスクラブに行ってみて見ればわかると思いますが、とても涼しい顔しながら筋トレしている方の多いこと!
10回どころか、その重さだったら15回でも20回でもできちゃうでしょ。って方が大勢いらっしゃると思います。
つまり、先程の表現では正しく伝わっていない可能性が考えられます。
それだと、当然結果はついてきません。

教える側が当たり前だと思っていることでも、教わる側にとっては当たり前ではないことがいっぱいあります。
そのことを念頭において教えていかなければならないですね。(自分も含め...)

じゃあ、どうすればいいのか?
それは身をもって経験するしかありません。
言っている意味を頭で理解し、経験する。
この負荷のかかり方がそうなんだ。
この辛さがそうなんだ。
という経験。
その辺も含めて、最初はちゃんとした指導者についてもらったほうが良いと思います。
時間もお金も体力もムダにしない為に。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
なんやかんやであっという間に2018年の半分が終わりました。
今年はこっからが勝負です。



1

« 2018年5月 | メインページ | アーカイブ | 2018年7月 »