HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > アーカイブ > 2017年10月

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE 2017年10月

「健康」の街、腰越?

今日で10月も終わりです。
台風もあり天気が悪い日が多かったですが、今月もトレーニング本当にお疲れさまでした!

さて、ココ最近でこの腰越界隈ではトレーニングジムが増えました。
5年程前にこのお店をスタートしたときは、もちろん他のジムなんてなかったのですが、今では心強い同業者さんができました。
競合?といってしまえばそうかもしれませんが、そんなチープな関係ではなく、切磋琢磨しながらもそれぞれの良さを活かして腰越界隈、湘南界隈の方々の健康の為に尽力していければと思っています。

ちょうど昨日、
山中さん、原澤さん、道上さんと西鎌倉で飲みながらそんな話をしていました。

どのお店もそれぞれしっかりコンセプトや思いがあり、来て下さる方々の力にきっとなれるお店ばかりです。
ここではできないことはきっとあそこならできるという感じで、とりあえず腰越に行けばなんとかなるよ。という位置づけになればいいなと思っています。

例えば、GOOD LIFEではアスリートはもちろん、一般の方でも老若男女問わず、
「フィットネス」
ではなく、
これから先も財産になる
「トレーニング」
を教えています。

「トレーニング」は時に楽しくなく、地味で辛いものです。
自分と向き合うものです。
みんなで楽しんで、エクササイズ!
とはいきません。(→それが悪いとは思っていませんし、言っていません。)
しかし、それらを選んだ方々よりも今後に活きるものを提供します。
でないと、楽しくなく、地味で辛いものを選んだ方が報われません。
同じ結果になるのであれば、楽しくて、楽なもののほうがいいに決まっています。(トレーニングが楽しいと思っている方もいます。笑)
辛いほうを選んだだけの変化が身体に現れます。時間が経つ程に。

ここは小さなお店です。
トレーニングを教えられる枠に限りはあります。
辛いか、楽かではなく、しっかり本質を見極められる方々に来ていただきたいですし、そういう方々に時間をこれからも費やしていきたと思っています。
そして、色んな情報が錯綜するこの業界に対してもしっかりと見極められるよう伝えられる全てのことを伝えていきます。

腰越界隈が多くの人の「健康」にとって、有益な場所であれるようにそれぞれのジム、治療院はこれからも奮起して営業して参ります。

明日から11月。
今年もあと2ヶ月。
2ヶ月あれば、来年にむけていい準備ができることでしょう!





回数できたほうがすごい?


トレーニング種目には主に2つの変数があります。

「重量」と「回数」です。(速さというものもありますが、この際置いておきます。)

この「重量」と「回数」を目的に沿って調整し体力(筋力)レベルを上げていくのが基本であり、重要な事です。

しかし、「腕立て伏せ」と「腹筋」となると、なぜか急に回数ができたほうがすごい!的な文化がありませんか?
おそらく、この2つは自体重メインの種目として実施される事が多く、先程の2つの中の「重量」の部分が自体重のまま変化させられず、その結果「回数」の部分だけ増えていったからと考えられます。(完全に推測です。)

しかし、この2つの種目に関しても例外なく、「重量」と「回数」この2つの変数を用いて組み立てます。

たまにスポーツの実況で
「この選手は1日に腹筋1,000回やるんですよ! だから体幹が強いんですね!」
みたいなことが言われていますが、
ちょっと言っている意味がわかりません。
そういう風にやっている選手の努力をバカにするつもりは毛頭ありませんし、腹筋1,000回やることで精神的になんらかのメリットを得ていることも考えられます。
しかし、それにしてももう少し効率的なやり方したほうがいいんじゃないかぁと思いますし、その腹筋1,000回やっている時間を他の事にまわせばもっとより良いメリットがあるかと思います。
むしろ、そんな多くの回数をこなせるようになった時点で、「あれ?強度上げたほうがいいんじゃないか?」と気づくべきですし、考えるべきです。
そのまま回数だけを増やしていくのはどうなんでしょう。

基本的に何百回、何千回と同じ種目を一度に(例え数回に分けたとしても)やることに何か裏づけがありわけではありません。
スクワットやデッドリフトをそんな回数やりませんよね?
それにはちゃんとした理由があります。
そして、そのちゃんとした理由は「腕立て伏せ」にも「腹筋」にもちゃんと当てはまります。

なぜこの重量?
なぜこの回数?
をしっかり理解した上で、トレーニングできるといいですね。

トレーニングにおいて
回数出来たほうがすごい的な文化はありません。
もしかしたら筋肉番付などごく小さな世界ではあるのかも...


マイナスもあり得る

昨日は台風接近中ということで、予約の変更をうけつけたりと対応に追われていましたが、そこには「優しさ」があってこそだなぁと改めて感じました。
店側がそういう時に、当日であっても変更を受け付けるのはこんな小規模ジムであるならば当たり前の対応(だと思っている)ですが、お客さんのほうから店側(私)を気遣ってくださるお言葉もたくさんいただいてしまって...改めて良い方々にかこまれてるなぁと実感したところであります。
台風ではありましたが、なにやら心温まる日でした。

本題に入りますが、
トレーニング自体や、そのトレーニング種目において全てが全て健康やパフォーマンスにプラスに働くわけではないということを今回は書きます。

例えば、すごく極端に言えば
トレーニングは健康の為やパフォーマンスを高める為にやるわけですが、
もちろんそれなりに辛いトレーニングをすれば、疲労もたまりますし筋肉痛にだってなります。
この疲労や筋肉痛というものをそれ単体でみたときに身体にとってプラスかマイナスかでみれば、間違いなくマイナスでしょう。
健康の為にやっているのに逆に疲労を得てしまうのですから。
しかし、実際はそれ単体でみることはご存知の通りナンセンスで、疲労や筋肉痛を引き起こすトレーニングですが、それだけではなくそのマイナスを遥かに上回るプラスの効果を身体にもたらしてくれる事がわかっているからトレーニングするわけですよね。
疲労や筋肉痛ばっかりなって、身体的な改善が全く見られなければトレーニングなんてだれもやりません。

アスリートがトレーニングをする際に未だに良く言われる中の1つが、
「トレーニングすると身体が重くなる」
というものです。

確かにトレーニングをし、今までになかった筋肉を身につける事で体重は増える可能性は大いにあります。
ただ、体重が増えただけであればマイナス要因かもしれませんが、身につけた筋肉が筋力を発揮し、体重が重くなっていたとしてもその物体(自分の身体)を今までより速く動かす事ができればトレーニングをする価値があるかないかは一目瞭然です。

またトレーニング自体の話だけではなく、種目においても同じ事が言えるはずです。
ある種目が、ある部分に関してはマイナスに働くが、他のある部分に関してはプラスに働くとします。
そういった場合にその種目をプログラムに取り入れかどうかは、そのマイナスとプラスの影響力次第です。
例えば、ある競技にとってスクワットがマイナスに働くことが大きいけど、クリーンは大きくプラスに働く場合。
どうするべきでしょうか?
スクワットやらずにクリーンをやればいいじゃん。
と思うかもしれませんが、クリーンという種目を習得していく際に必ずスクワットの要素が入ってきます。
言い換えれば、まともなスクワットができないアスリートがまともなクリーンが出来るわけがないという事です。
そうした場合、仮にスクワット自体がその競技にマイナスに働いたとしても私だったらプログラムにスクワットをいれると思います。

もちろん、マイナス因子が全くなくプラス因子しかないもので全てが構成できればそれにこした事はありませんが、そうではないこともあると思います。
そうした場合に必要なのは、マイナス因子のことも知っておくことが重要です。
何がマイナスで、そのマイナスはどの程度のことなのか。どうすることでプラスのほうが大きくなるのか。

どの分野もそうだと思いますが、全てが全てプラスではないと思います。
プラスとマイナスは共存していることが多いでしょう。
だからこそ、いい面ばかりをみるのではなく、やり方を間違えるとマイナス面が多くでてしまうことも理解し、指導することが大事です。

疲労の事を考慮せずに
「筋肉痛のときこそトレーニングをやるべきなんだ!」
とか言ってると死にますからね。笑


CLASSICな試し焚き


今日もお足元の悪い中、
そして、寒い中!お越し頂きありがとうございます!
というより、そんな中いらっしゃる皆さんをリスペクトしてます。自分も頑張ります。笑

あまりに寒いので、試し焚きもかねて今年度初ストーブを点火しました。

やっぱりストーブはいいです。
やわらかい暖かさに包まれます。

そんな少し寒くなってきた時に登場するのが秋のブレンドであるCLASSIC BLENDです。
なんといってもバランスがよく個人的にもこのブレンドが大好きで、このブレンドが登場するとコーヒーにとっての最高の季節がやってきたなぁと実感します。

是非、トレーニング後に
温まった身体で
肌寒く感じる海風にあたりながら
コーヒーをすすって下さい。

めちゃめちゃうまいはずです。


ちなみに、このお店の冬はエアコンではなく、ストーブが活躍します。
なので、ボクシングジムさながらの熱気の中でトレーニングする事になり、身体中の水分を抜きます。

....嘘です。
テキトーなところで消します。笑

これから活動的ではなくなる冬に突入しますが、心身ともに健康であれることを目指していきましょう。
そういう環境を準備してお待ちしております。






No title


トレーニング指導先の早稲田実業高等部アメフト部Warriorsの関東大会出場は今一歩のところで果たせませんでした。
S&Cコーチとしてトレーニングの観点からチームに貢献できる事は微々たるものかもしれませんが、それでも色々改革が必要です。

個人的には
強いチームが強い理由がある以上に
弱いチームには弱い理由があると思っています。

その理由とされるところを監督、コーチ陣ともちろん選手達が一丸となって紐解き改善していかなければなりません。

今シーズン最後の公式戦に負けた事でWarriorsはオフシーズンに入ります。
体力面を一から見直す事の多いオフシーズンはS&Cコーチの仕事の比重が重くなります。

というわけで、トレーニング指導からウエイト、グラウンドトレーニングのプログラム作成などに追われています。
追われているというより、追い抜かれているような...
ここでもやはりフルタイムではないパートタイムとしての難しさがつきまといますが、選手達が一回りも二回りもフィジカルアップできるように努めていきます。

もう1つの指導先であるバスケ部のほうは11月の新人戦にむけて徐々に高強度トレーニングに突入していますのでこちらもケガする事なくいい状態にもっていかなければなりません。

10月にはいって一気に肌寒くなりましたが、気持ちの面ではより熱くいきます。


最近はNETFLIXで配信中のLAST・CHANCEというアメフトのカレッジリーグを題材にしたドキュメンタリーにはまっております。
選手目線
コーチ目線
親目線
学校目線
など...
選手に関わる色んな役割の目線からみることができますし、アメフトの枠に収まらず多くの事を感じとれてオススメです。



今年も残り3ヶ月きりました。
目の前の課題に対して、容赦せずぶっ潰します。

(書き終えたところでこのブログのタイトルが何も思いつきませんでした...)


大手フィットネスクラブは利用してナンボ


10月にはいりました。
本当にありがたい事に10月もたくさんのご予約を頂いております。
今月も皆さんのトレーニングライフが今もベストであり、今後も「あの時にあそこのジムにはいって本当によかった〜」と思われるような仕事をするべく奮闘していきます。
(ご予約が埋まってきている事で一度ご予約頂いた日程からの変更がしづらい状況になっております。出来る限りご要望には応えていきたいと思っておりますが、変更できない場合もございますのでその際は何卒ご理解の程宜しくお願い致します。)

さて、本題に入りますが
今日のセッション中にも何度か話題にでてきたのですが...

行かなくなったジムにお金を払い続けるのはやめましょう!

このジムはそういうシステムではないので心配いりませんが、大手のところはだいたいお支払い方法が銀行からの引き落としです。
その引き落としは、そのジムに行って退会手続きをしないかぎり永遠に続きます。
仕事がいそがしかったり、心が折れてしまって足が遠のいてしまったジム。
退会手続きにいくのもめんどくさいし、来月からまた行くかもしれないしなぁ〜
と思っているうちに気づいたら1年間にほんの数回しか行っていないのに月に1万弱、年間にして10万以上引き落とされてしまっていませんか?

大手のジムの月会費は大体が定額です。
なので行けば行く程1回当たりの料金は安くなりますし、行かなけれ1回当たりの料金はかなり高くなります。

つまり利用してナンボなんです。

大手ジムは使い方次第でとても使い勝手の良いものになります。
その使い勝手の良さでいうと、このジムのような小規模ジムではまるで歯が立ちません。

「利用される側」ではなく「利用する側」になって下さい。

料金システムに関した事だけではなく、マシンの使い方やトレーニング方法についてもよくわかっておらず
大手ジムに「利用されている」方が多いように感じます。(主観ですが。)
もちろん、大手ジム側にそんなつもりはないでしょうがシステム上、結果としてそういうことが大いに起こり得ます。

大手ジムの売上で、幽霊会員の割合をだしてみると面白い事になりそうだなと個人的には思っています。

大手ジムの最大の武器は使い勝手の良さです。
いつでも好きな時に行けて、どんだけいても月会費は一律で変わりません。
このジムのようにトレーニングの時間を予約して、一ヶ月にトレーニング回数が決まっているような使い勝手の悪さとはワケが違います。笑
ですが、ちゃんと「利用する」術を知らないと、これほどもったいないものはありません。

大手ジムやマイクロジムのそれぞれの特徴を知り、いずれにしろ「利用する側」でいてくださいね。
(それに関してはココでもチラッと書きました。)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
最近また近場に新たにトレーニング施設ができました。
何がおこっているのでしょうか?笑


1

« 2017年9月 | メインページ | アーカイブ | 2017年11月 »