HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > アーカイブ > 2019年7月

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE 2019年7月

入会してもらうのが目的ではないからこそ活きるオンラインサービス!

暑いですねぇ...
梅雨が明けたと思えば、セミが鳴き、30℃は余裕で超える夏の到来です。
そしてあっという間に7月の営業も今日で終わりです。(明日は定休日)

そんな夏の訪れとともに、当ジムではオンラインサービスを始める事にしました。
と、いいますのも前回の記事で書いたようにStartupという新たなサービスをはじめるにあたって、実際に店舗に来ていただく他に遠方の方にも気軽に相談していただける環境を作りたかったからです。

またStartupサービスだけではなく、体験を受けていただく場合にもオンラインで対応出来るようにしようと思っています。
過去の記事にも何回か書いておりますが、当ジムの目的としましては

必ずしも当ジムに入会していただく事ではありません。
トレーニングを始め、そして習慣化してもらうことが一番の目的です。


その方のトレーニングの目的によっては当ジムに入会して通うよりも他の選択肢を選んだほうが目的に対してスムーズに行く場合も考えられるからです。
しかし、どの選択肢を選ぶにしてもトレーニングについてやジムの特徴について最低限の知識や認識をもっていないと結局どの選択肢を選んでも上手く行く可能性はかなり低くなる事が考えられます。
そうならない為の基礎知識や考え方を当ジムの体験を通じて得てほしいと思っています。
その上で、当ジムにまず入会する事がベストだと判断した場合は入会していただければとても嬉しく思います。

そんな事言ってるけど、結局上手い事言って入会するように仕向けるんだろ?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、不必要に当ジムをゴリ推しするようなことは致しません。
当ジムで力になれる事やストロングポイントはもちろんしっかり伝えるつもりではありますが、それと同時に当ジムでは出来ない事や他のジムのほうが優れている点もお伝え致します。
何度も言いますが、一番の目的は
トレーニングを始め、そして習慣化してもらうことです。
その方にとってのベストの選択肢を考えます。
こういうスタンスでやっていますので、体験といえども有料なのはご理解いただきたく存じます。
しかし、その価値は絶対にあります。

というわけですので、最初から当ジムに入会を検討している方は実際に店舗まで足を運んでいただいて見学も兼ねたほうが良いかと思いますが、そういうわけでもない方はオンラインという選択をしても全く問題ないかと思います。
暑いし、少しでも外出減らしたいですもんね。笑

さて、ここからが今回の本題なのですが、
上に書いたような理由でオンラインのサービスを始めるにあたり、どういうツールを使おうか迷いました。
迷いましたというより基本的にSkypeしか知らなかったのですが、最近はZoomというのも多く使われているようですね。
そこで、SkypeとZoomで何が違うのかよくわからなかったので調べてみたらすぐにわかりやすく比較しているサイトがあったので助かりました⇩

Web会議にはZoomがいい?Skypeとの違いとメリット・デメリット

このサイトを見ていただければわかりますが(というより、最近では社内ミーティングとかでも当たり前のように使われているようですので、皆さんもうとっくにご存知ですかね。笑)、Zoomのほうが今回の私の場合も使い勝手が良さそうですのでオンラインでのサービスはZoomを使おうと思います。
何より、お客さん側の手間が何もないのがいいですよね。

というわけで、オンラインではZoomを使いますよーというだけの内容でした。笑
本題のほうが短い...

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
最近はオンラインサロンというものも流行っているようでして、色んな働き方?がどんどんでてくるんですね。
トレーニングジムの選び方や使い方も少しずつ色んな選択ができるようになっているのも間違いないです。






Startupサービスについて。

今月から小規模ジム(パーソナルトレーニングジム・マイクロジム)を開業したい方や、チームにウエイトトレーニングを取り入れることを考えている又はS&Cコーチを雇うことを考えている方(監督やコーチ)向けにStartupと題しまして新たなサービスを開始致しました。
(※概要はコチラ

まずは、小規模ジムを開業したい方に対して。
最近ではパーソナルトレーナーの働き方も多様化しており、大手フィットネスクラブでの業務委託やシェアワークアウトスペースを活用する事も出来る一方で、やはり自分の店舗を持つ事でお客さんに対してより良いサービスを提供したいと考える方も少なくないはずです。

私自身も21歳ぐらいの時から大手フィットネスクラブの業務委託というカタチでフリーのパーソナルトレーナーとして活動を開始しました。
そこから大学を卒業するにあたり会社組織に入ったりしながらも、なんだかんだ25歳くらいまでは大手フィットネスクラブなどが活動場所となっていました。
しかし、色んな面でそういう働き方に限界を感じたり、疑問をもち、25歳の時に独立し始めて自分の店舗をもちました。
その時は、当たり前ですが全てが初めての事だらけで右も左も分からない状態でしたが、色んな経験を糧にしてより良い環境で今でもこの職業を続けることが出来ています。
25歳のときから現在(32歳)に至るこれまでの経験をベースに、実際に店舗を持つにあたっての様々な情報はきっとこれから開業しようと思っている方の役に立つと思い、このStartupというサービスを始めました。
開業するにあたっての疑問点に対してはもちろん、パーソナルトレーナーとしての働き方に関してもアドバイス出来ることは色々あります。
開業を考えている方にこんなことを言ってしまっては本末転倒ですが、店舗を持つ事が全てではないですから...

そして、なんでもかんでも実際やってみなければわからないし、一番大事なのは始める事と考える方も多いかもしれません。(実際25歳のときの私はそうでした...)
しかし、始める前に知っておく事で始めてからの自分を助ける事になることもあります。
小規模だからと甘く見ずに、小規模ジムならではの特徴や注意点も知っておくべきです。
自分自身の経験から、あーそれ知っておきたかった!知れてよかった!ということをお伝え出来ればと思っています。

そして、もう一つ。
チームにウエイトトレーニングを取り入れたいと考えている監督やコーチに対して。
ウェイトトレーニングはアスリートにとってポジティブなものかネガティブなものかという議論は相変わらずされながらも(おそらく、一生続きます...)、少しずつウェイトトレーニングの必要性がいたるところで発信されるようになってきたように感じます。
すでにチームにトレーニング指導者(S&Cコーチ)が在籍しているようなチームは問題ありませんが、これからトレーニングを導入しようとしている段階のチームにとっては、どうやってトレーニングを導入すれば良いのか?どこにトレーニング指導者を依頼すればいいのか?などわからないことも多いはずです。
そういうチームの指導者に是非活用してもらいたいサービスです。

チームにトレーニングを取り入れる、又はトレーニング指導者に依頼する上で一番重要なことは、
トレーニングがどういうものか・何の為にやるのか
ということを理解する事です。
まずそのトレーニングに対しての理解や認識が間違っていれば、スムーズなトレーニングの導入には至りません。
トレーニングそのものを理解していただいた上で、具体案を提案出来ればと思っています。


・小規模ジム開業
・チームにウェイトトレーニング導入

どちらの目的でもまずはお気軽にご相談ください。
私のこれまで、そしてこれからの知識や経験が手助けになるはずです。






サプリメントに対しても正しい認識を。

前回の内容に続いて今回の内容もサプリメント関連で恐縮ですが、今回はサプリメントに対しての個人的な考え方を書きます。

僕個人的にはサプリメントは必要に応じて摂取しています。
そして、当ジムにトレーニングをしにきて下さっているお客さんに対しても必要に応じて薦めますし、基本的にしっかりとした運動やトレーニングを定期的に実施する人は上手くサプリメントを活用したほうがいいと思います。
しかしそれは、何といっても三食の食事が基本であることは言うまでもありません。

サプリメントは基本的な食事が前提にあってこそ成り立つものです。
それはsupplement=補う、追加するとういう意味であることからもわかっていただけるかと思います。
トレーニングがアスリートにとって競技練習をより活かすものであり、どこまでいっても補助的な役割なものであるように、サプリメントもどこまでいっても主役の食事にとって変わる事のない脇役的な位置づけなのです。

トレーニングもサプリメントも脇役ですが、名脇役です。
名脇役がいるからこそ主役(競技練習・日常生活)がより活きてくるのだと思います。

もちろん、運動やトレーニングをしているしていないに関わらずサプリメントは絶対に摂らないという考えを持つ方を否定するつもりはありませんし、そういう方に無理強いするつもりも一切ありませんが、良くないイメージが先行しているだけだったり、根拠のない情報から不信感があるだけという場合は、せっかくの可能性をムダにしているだけかもしれないので一度しっかり調べてみてはいかがでしょうか?

確かに様々なサプリメントが出回っている中で、胡散臭いものや誇大広告のものを多く見かけるのも事実です。
そういうものに手を出さないように近くに信頼のおける専門家がいれば、その方に聞くのが一番手っ取り早いですが、そうでなければ以下のようなサイトを使って自分で調べる事も時には必要です。

Australian Institue of Sport
オーストラリアのスポーツ科学研究所が運営するサプリメントに関するホームページです。
これまでに報告されている科学的なエビデンスを元に、サプリメントをA~Dのランクに別けています。
ランクAは基本的に効果が期待出来るもの
ランクBは今後の研究も必要だが、摂取する選択肢にいれてもいいもの
ランクC・Dは根拠不十分やドーピングテストに引っかかる可能性があるもの
という具合です。

「健康食品」の安全性・有効性情報
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所が運営するサイトです。
サプリメントというより、健康食品に対する基礎知識や被害関連情報が載っています。
サプリメント同様、健康食品に対しても正しい知識を持つ事は重要です。

こういった正しい情報を元に、食品やサプリメントに対して間違った知識ではなく、根拠のある知識や認識を持って欲しいです。
(※以上のサイトを見ておけば絶対大丈夫というものではありませんが、確実に一つの判断基準にはなるものです。)

サプリメントや健康食品を摂る・摂らないも
トレーニングをする・しないも
自由です。
ですが、謝った知識や認識の元での判断はさらなる向上の可能性をつぶすことになりかねません。

僕はトレーニングの専門家で、これまでの知識や経験をもとにトレーニングをする・サプリメントを摂るという判断をしています。
(何も効果が感じられないのであれば、トレーニングなんかするわけないですし、サプリメントも摂るわけないですよね。笑)

人それぞれ色んな考えがあり、色んな哲学があるはず。
でも、そこに至る為にはそれなりの過程が必要なはず。
単なるイメージやうわさ話程度のものに振り回されないように心がけてみてはいかがでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いよいよ今週中に関東でも梅雨が明けるようです。
暑い夏が始まるんでしょうね。
そして、江ノ島にはムキムキの人たちが集まるんでしょうね....




クレアチンのスタンスは、「ほら、安心してもっとがんばれや!」

久しぶりにクレアチンを摂取しようと思います。
クレアチンはここ数年摂っていなかったのですが、長期的に摂取し恩恵に授かろうと思います。

で、クレアチンって何?
という方の為に、今回は簡単にクレアチンの説明をしようと思います。
(クレアチン⇩)
クレアチンはアミノ酸の一種で、そのほとんどが筋肉中に存在しています。
で.....
どういうふうに説明すればいいか...
よくある説明は「クレアチン」でググってもらえればいくらでもでてくるので、ここではかなり噛み砕いて書いてみようと思います。

ニュアンスは
すぐ補給してやるから安心してもっとがんばれよ!
ってなサプリメントです。

皆さんご存知のように、我々がトレーニングや運動をするときは何か物質を分解してエネルギーを得ています。
なので、動く為のエネルギーは当然無限にあるわけではないですよね。
だからこそ、疲れたり、徐々に身体が動きづらくなったりしてパフォーマンスが低下していきます。

クレアチンは、エネルギーを生み出す際に使われる物質の一つを素早く補ってくれます。
なので、もっとがんばれるのです。

クレアチンは、BCAAやEAAなどの他のアミノ酸とちがいローディングをする必要があるという特徴があります。
一般の方にはローディングという表現は聞き慣れていないかもしれませんが、カーボローディングって聞いた事ありませんか?
マラソンなどの長距離走等の運動をする数日前から、当日にエネルギー不足にならない為にいつもより多めに炭水化物(糖質)を摂取しておくことです。
クレアチンもそれと同様、まずは体内(筋肉中)を高いクレアチン濃度に保つ必要があります。
その飽和状態があるからこそ、すぐに補給出来るわけですよね。
その状態を作る為に、数日間多めにクレアチンを摂る必要があります。(ローディング期が終われば摂取量を減らします。その辺の詳しい摂取方法もだいたい商品の説明書きにありますので割愛します。)

そんなクレアチンですが、ローディング期は1日に必要量を数回に別けて摂取しますが、ローディング期が終わった後の摂取は基本的に1日1回で大丈夫です。
そして、トレーニングする日の摂取タイミングはいつがいいのでしょうか?
トレーニング前?トレーニング中?トレーニング後?
どう思います?
すぐ補給してもらえるようにトレーニング前に摂取しといたほうがいいんじゃないかと思う方も多いかもしれませんが、実はトレーニング中、又は後がおすすめです。

なぜ?

それもやっぱり、ローディングをするという特徴から考えればわかります。
そう、そもそも数日感にわたってのローディングで筋中のクレアチン濃度は高まっているので、トレーニング実施直前に摂取する必要はありません。
そして直前に摂取してもクレアチンはすぐに筋中に取り込まれません。
クレアチンは筋肉にあってナンボのものですので、トレーニング直前にとってただ血中にあるだけの状態では、そのトレーニング中においては意味をなしません。
ですので、トレーニング後のクレアチンが消費された状態のときに摂取するほうがベターです。
吸収時間を考えてトレーニング中の摂取でもいいですね。
トレーニング前はBCAAなどの他のアミノ酸の摂取のほうが優先ですね。

サプリメントはその役割や摂取方法から摂取するタイミングも少し変わってきますね。

身体を動かす際に必要な物質をすぐに補給してくれるクレアチン。
なので、そのぶん多くのエネルギー生み出してくれるクレアチンは、やはり個人的には
「ほら、安心してもっとがんばれや!」
というサプリメントだと感じています。
その結果として、筋肉量や筋力の向上を期待出来るものです。

クレアチンも活用し、もっと頑張る夏を迎えようと思います!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今回、ひさしぶりのクレアチンということでちょっと勉強し直しましたが、ほんとにボディビルダーの栄養関連の知識はすごいですね。
あの方々の自己管理能力は尊敬に値します。


トレーニングジム見学の際、何を見るべきか?

大手フィットネスクラブなり、パーソナルトレーニングジムなり入会する前に多くの人はまず見学しにいきますよね?
その見学の時、皆さんは何を重視して見ていますか?

例えば、当ジムのようなパーソナルトレーニングジムでマンツーマンでトレーニングを教えてもらう事が目的の場合でしたら、おそらくジムの設備面などのハードな部分よりも、
・どんなトレーニングをするのか?
・自分の目的にあったトレーニングをおしえてくれるのか?
・どんなトレーナーなんだろうか?(自分と会うかな?)
・料金等のシステムは?
といったソフト面のほうが割と重要視するかなと思います。
パーソナルトレーニングは基本的にトレーナーとマンツーマンでトレーニングをするので、トレーナーとの性格的な相性は大事ですし、決して安くないサービスでもあるのでトレーニング内容や料金を気にかけるのは当たり前で、そこを重視して見学や体験にいくのはとてもいいことだと思います。

一方、大手フィットネスクラブに見学にいくときはどうでしょうか?
トレーニング未経験者の方はどこを重視して見るでしょうか?
おそらく以下のような点になるかと思います。
・家からの距離は?(通いやすいかどうか)
・衛生面はどうか?(きれいかどうか)
・スタッフの対応はどうか?
・料金等のシステムは?

どれも確かに重要な点ですよね。
家から遠いところは長く続けていく上で大変ですし、汚いジムなんて行く気になりませんし、スタッフの対応が悪いなんてもってのほかですよね。
しかし、肝心のトレーニング関係の事が含まれていませんよね?
僕個人的には、フィットネスクラブに入会してもトレーニングが続かないという落とし穴はここから少なからず始まっていると思っています。
トレーニング未経験者の方はトレーニングや運動をしにフィットネスクラブに入会するはずですが、最初の見学でトレーニングや運動に関わる部分の情報を得るだけの知識がないんです。

これが、トレーニング経験者であれば見学の際に、
・自分が使いたい器機があるか?
・そしてその器機は複数あるか?→大事
・スタジオはいくつあるか?
・自分のやりたいスタジオプログラムはあるか?
・プールの広さは十分か?
などといった、自分がやりたい・やるべきトレーニングや運動に対して必要なものがあるかどうかを見ることが出来ます。
つまりトレーニングに関する部分を見学するだけの知識があるわけです。
その知識や経験が当たり前ですが未経験者の方には備わっていないので、どうしても宿泊先のホテルを探しているようなチェックポイントしか出てこないというわけです。

もちろん、見学の際にスタッフはトレーニングマシンや有酸素マシンなどについてある程度説明はしてくれます。
しかし、見学の時点でそのマシンやプログラムが自分に必要なものかどうかも良くわからないですよね。
これは決してトレーニング未経験者に原因があるわけではありませんし、別にフィットネスクラブが悪いわけでもありません。

僕自身も、フィットネスクラブでアルバイトをしていたとき幾度となく見学をしにきた方の案内をしてきました。
そして当時は出来るだけ丁寧に対応していたつもりですし、入会してもらえるように頑張って色々説明していたと思うのですが、最近ふと全くのトレーニング未経験者の方は何を見に見学しにきているんだろう?と疑問を抱きました。

何か運動しなきゃ、トレーニングしたほうが良さそう、でも具体的になにすればいいの?
という方に対して施設を案内しても、結局見られるポイントは上記したようなものになってしまうんじゃないかと思うわけです。
トレーニングしにきているのに、トレーニングに関する情報をほぼ得られないまま入会するのはいかがなものなんだろうか?と思うんです。

そこで、大手フィットネスクラブの見学の際にこれだけは最低限チェックしておいて欲しい事が、

マシンが復数台あるかどうか

です。

さきほどもチラッと大事と書きました。
おそらく多くのフィットネスクラブでトレーニング未経験者や初心者の方が最初にすすめられるマシンはおおよそ決まっています。

レッグプレス
・チェストプレス
・ラットプルダウン

・その他腹筋や背筋のマシンや、お客さんが希望したマシン

以上がそれです。
理由は簡単で且つそのマシンをやっておけば基本的にバランス良く全身の筋肉を鍛えられるからです。
で、大事なのがこれらのマシン(特に上の3つ)が復数台あるかどうかのチェックです。

その3つのマシンは大体の方が薦められるマシン、つまり頻繁に使われるマシンという事です。
その頻繁に使われるマシンが一台しかなかったらどうなるでしょうか?
使えるタイミングが少なく、中々使えないという自体に陥ってしまいます。

大手フィットネスクラブで良く起こる事として、中々使いたいマシンが空かない、待ち時間が長いということがあります。
ジム行って、待たなきゃいけないとか嫌ですよね。
未経験者や初心者なら尚更、混んでいると使いづらいはずです。
そんな状況が続けば、トレーニングから足が遠のくのなんて簡単に起こり得る事です。
なので、マシンの台数はチェックしておきましょう。
復数台といっても、3台もあるところは稀でしょうから2台あれば十分です。
1台しかないところはトレーニングをする上ではっきりいって微妙です。

大手フィットネスクラブでは色々な事がマニュアル化されており、最初に教えてもらうトレーニングも基本的に皆一緒であることが普通です。
それでもしっかりやっていれば確実に効果はでるのですが、それでは納得いかない方はパーソナルトレーニングをおすすめします。
と言うよりも、すべての点において最初はパーソナルトレーニングを活用する事をオススメしますが、そういうわけにもいかない方のために、今回は見学の際に最低限チェックしておいてほしいことを書きました。

大手フィットネスクラブでトレーニングする上では、待ち時間などは避けては通れません。
それでも、それを出来るだけ少なくすることは見学の際のチェックで可能です。
例えば、フリーウェイトをガンガンやりたい方はスクワットラックやバーベルがない、又は一つしかないジムは選ばず、ゴールドジムなどのようなラックやバーベルが豊富にあるところを選ぶでしょう。
それと同じで、未経験者や初心者の方は最初はマシンがメインになるはずですので、その台数をチェックしておくべきです。
そして、自分のトレーニング経験値があがり実施内容も変わってきましたらそれに応じてまた再度ジムを選び直せばOKです。

「あ〜色んなマシンがあるなぁ。へーこんなのもあるんだぁ」
みたいな人ごとの見学はやめましょう。

当ジムでは、このようなジム選びに対してのアドバイスも有料ではありますが、体験でお伝え出来ますので是非ご活用下さい。
トレーニングを続けていけるかどうかは見学の時点ですでに始まっています。
トレーニングをしに行くわけですから、少しでもトレーニングに関する情報を見学で得ましょう!
目的は家から近くて、キレイなジムに入会する事ではないはず!


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今回の事もそうですが、現在普通に行われている事でも改めて考えてみるとなんかおかしいな?ということは色々あります。
そういうことを少しでも変えていき、トレーニングの継続率を1%でも増やせればいいなと思います。








トレーニングにおける成功体験は早いほうが良い。

カテゴリーDAY OFFということで、ゆるく思った事を書きます。
先日、高校時代の友人の結婚式があるということで実家のある石川県金沢市に帰省していました。

高校時代の友人の結婚式という事で、もしかしたら卒業式以来会っていないような本当に久しぶりの出会いなんかもあったりして楽しかったです。
で、だいたい久しぶりに会う友人には僕の体型の変化に驚きます。
それもそのはずで、高校時代と現在を比べると体重が20kg以上違います。(増えています。)
そして、その流れで、
・腹筋ってどうやったら割れるの?
・どうやったら胸板厚くなるの?
というような今までに幾度となく出会ってきたようなスライムレベルの質問が投げかけられます。笑
そしてそのスライムレベルの質問に対して、ほぼ仕事モードOFFになっている脳みそをつかって、ふざけているけど間違っていない答えを返しながら久しぶりの出会いを楽しんでいました。

そういう何気ない会話から感じた事なんですが、トレーニング初心者はトレーニングにおいての成功体験が当たり前ですがないんですよね。
だから、何をどれだけやったらその目的を達成出来るかわからないままトレーニングをやっている場合が多いはずです。
それってメチャクチャ不安ですよね。
不安や疑問を感じながら続けるのってとても困難で、どうしてもそこに全力を注げないはずです。
だからこそ、何の分野でもその分野における成功した第一人者ってすごいですよね。
誰も成し遂げた事がない事に対して、自分で考えながら手探りで絶対に結果が出ると信じて続けて、本当にそうなるわけですから。

しかしながら、トレーニングに対してはそんな何かの第一人者ほどの苦労をする必要はありません。
多くの目的に対しては、それを達成した人が多く存在しており、その達成方法も確立されているものが多いからです。
だから、僕らのようなトレーニングを教える立場にある人は、その目的に対して、
何を、どれだけ、どのようにやっていけばいいのかをしっかり伝え、トレーニングにおけるまず一つ目の成功体験をしてもらうことです。
そうすれば、次回からも何を、どれだけという部分に関しては自分自身でもなんとなく感覚的にわかるようになるはずです。
少なくても、全く何もわからないまま不安や疑問だらけの状態でのトレーニングにはならないはず。

これを、こういうふうに、これだけやれば結果はでるから。
と伝えてもらうと安心出来ますよね。

あの有名なシンクロ競技の監督である井村雅代さんに、
「私の言う通りやっていれば、絶対にメダルとれるから!」
という言葉には説得力しかないですよね。
かなりの地獄らしいですが....笑

まず、最初の成功体験を得る。
これが、トレーニングを始める際にまずはある程度の期間パーソナルトレーニングから始めたほうがいい理由の一つだなと思います。
大手フィットネスクラブに入会して、マシントレーニングの使い方だけ教わっても成功体験を得られる可能性はとても低いはずです。
先程も書いたように不安や疑問を抱いたままではトレーニングは続きません。
多くの人がトレーニングはキツくて、辛いものだから続かないと思っているかもしれませんが、個人的にはそのハードルは二番目にあるものだと思っています。
トレーニングをキツいとか辛いとか感じる前にやめてしまう人のほうが多いのではないかと...

まずはトレーニングにたいする不安や疑問を取り除いてすっきりした気持ちでトレーニングに取り組む事。
「これでいいのかなぁ?これでやり方あっているのかなぁ?」
ではなく、
「やり方はあっているから、頑張って続けよう!」
になるのが最初のハードルです。
キツい!辛い!はその次です。

パーソナルトレーニングをやるのでしたら、自分の目的が達成すればOKだけではなく、そこに到るまでの過程をしっかり体験として覚えておいて下さいね。

そんなことをこのOFFで改めて感じたのでした。
なんだかDAY OFFカテゴリーにしては割と真面目な内容になりました...

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
地元の川でぼーっとしてきました。
シーズン初の蝉の鳴き声を金沢で聞くなんて何年ぶりだろうか...

ラットマシンを導入した理由

7月に入りましたね。
皆様、どうお過ごしでしょうか?
当ジムでは先月末に新たにラットマシンを導入しました。
ラットマシンとは主に背中を鍛えることができるマシンで、その際に肩甲骨を縦(上方回旋・下方回旋)に動かします。

トレーニングには全てにおいて理由があるはずで、
・トレーニング種目
・回数やセット数
・強度
・頻度
にも一つ一つ理由があり、お客さんに理由もなくやってもらっていたり、疲れさせてやろうといういじわるな理由でトレーニングは教える事はありません。
それらと同様で、ジムに置く器材選びにももちろん理由があるわけです。
というわけで、今回はラットマシンを導入した理由を書きます。

実際には導入した理由は複数あるのですが、全て書いていると長くなってしまうので今回はその中の一つにしぼります。

その理由とは、簡単に言うと
「大体どこにでもあるから」
です!

?????
となるかもしれませんが、そうなった方はまずは下のブログを読んでみて下さい。
→【トレーニング習慣を身につけたいなら「どこでもできる」が大事!

以前書いたこのブログで、どこにでもあるであろうマシンや器材を正しく使える事が大事だと書きました。
皆さんもおわかり?の通り当ジムではトレーニングをするにあたり、それぞれの方がもっている目的を達成するサポートをするとともにトレーニングをその方自身で継続できるようにすることを念頭においてトレーニング指導をしています。

お客さんが自分自身でトレーニングを継続できるようになるためには、当ジムで中心的に教えているフリーウェイト種目で使うバーベルやダンベルの扱い方はもちろん、どのフィットネスクラブやジムにも大体あるトレーニングマシンの正しい使い方を知っておく事はマストです。

私が個人的に思う、大体どこにでもあって尚且つ使い勝手の良い効果的なトレーニングマシンは2つです。
それが、
・レッグプレス(下半身全般を鍛える)
・ラットマシン(背中・腕を鍛える)
です。

この2つのマシンはとても良いマシンで初心者にもオススメですし、フィットネスクラブに入会した際にも基本的に最初に教えてもらう事が出来るはずです。
しかしながら、良いマシンといってもそれはもちろん正しく使えればの話です。
マシントレーニングはバーベルやダンベルを使用するフリーウェイトトレーニングよりも簡単で誰でもすぐに始められるのが特徴です。
(詳しくは→【マシントレーニングはフリーウェイトトレーニングの補助役】)
そんなとっつきやすいマシントレーニングなのですが、ラットマシンはその中でもややクセが強い部分があります。

実際、私がフィットネスクラブでバイトをしていたときも正しくラットマシンを使えている方は少なかった印象です。
なぜ、正しく使える方が少ないのでしょうか?
ぱっと思いつく理由は以下の2つです。

・腕の主張が強い
・肩甲骨の縦の動きが一般的でない

ラットマシンは、主に背中を鍛えるマシンですがそれとともに腕も協同筋として作用します。
ラットマシンが、というよりは基本的に背中を鍛える種目の時は大なり小なり腕が関わってきます。
そして、トレーニング初心者であれば多くの場合、背中の意識をすることが難しく腕が変わりに頑張りすぎてしまいます。
(詳しくは→【背中の筋肉が弱い人のクセは強い。】)
その上、最初に書いたようにラットマシンは肩甲骨の縦の動きです。
横の動きである、
肩甲骨をひらく、よせる
というのは馴染みがあり、一般の方でも「肩甲骨(背中)よせてみて!」と言われればそのとおり動かせる方が多いと思いますが、
縦の動きは馴染みがなくコントロールするのが難しいと考えられます。
その難しさが余計に腕の主張を促進する可能性が高いです。

これらの理由から、ラットマシンは
・どこにでもあり
・とても良いマシン
でありながら
・ちょっと使い方が難しい
という特徴を持っています。

つまり、やる価値のあるマシンの中でも少し難しいラットマシンを実際に当ジムにおく事で練習してもらい、お客さんに今後自信をもってどこでもラットマシンを使いこなせるようになって欲しいからです。
そうすることで、フリーウェイトトレーニング以外にも実施出来るトレーニングの幅が増えて、より良いトレーニングプログラムに繋がります。
ラットマシンで行うような肩甲骨の縦の動きはフリーウェイトトレーニングでは再現が難しいです。
そういうフリーウェイトでは足りない部分を簡単に補ってくれるマシンはとても重要です。

というわけで、いろいろ話が派生してしまいましたがラットマシンを当ジムでも導入した理由は
トレーニングを自分自身で継続できるようになってほしいという願いのもと、どこにでもあるマシンを当たり前のように正しく使えるようになって欲しいから。
でした。

トレーニングを習慣化するには、人や環境に依存せず、どこでもいつでもトレーニングをできる術を身につけておく事が重要です。
そして、その術とは、
ほんの少しの知識

ほんの少しの経験
です。
それらがあって初めてエニタイムフィットネスのような24Hジムというシステムも生きてきます。
いくら使い勝手の良いシステムがあっても、そのシステムを使いこなすのは人間です。
その人間にシステムを使いこなす術がなければ、その使い勝手の良いせっかくのシステムも意味をなしませんよね。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ちなみにもう一つの素晴らしいマシンである、レッグプレスはスペースの問題で断念しました。
でかいんですよね....
しかし、レッグプレスはラットマシンほど難しくなく、足を置く位置さえ決めてしまえばあとは頑張るだけなので、なんとかなるはずです。笑








1

« 2019年6月 | メインページ | アーカイブ | 2019年8月 »