HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > サプリメント > サプリメントに対しても正しい認識を。

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE

< クレアチンのスタンスは、「ほら、安心してもっとがんばれや!」  |  一覧へ戻る  |  Startupサービスについて。 >

サプリメントに対しても正しい認識を。

前回の内容に続いて今回の内容もサプリメント関連で恐縮ですが、今回はサプリメントに対しての個人的な考え方を書きます。

僕個人的にはサプリメントは必要に応じて摂取しています。
そして、当ジムにトレーニングをしにきて下さっているお客さんに対しても必要に応じて薦めますし、基本的にしっかりとした運動やトレーニングを定期的に実施する人は上手くサプリメントを活用したほうがいいと思います。
しかしそれは、何といっても三食の食事が基本であることは言うまでもありません。

サプリメントは基本的な食事が前提にあってこそ成り立つものです。
それはsupplement=補う、追加するとういう意味であることからもわかっていただけるかと思います。
トレーニングがアスリートにとって競技練習をより活かすものであり、どこまでいっても補助的な役割なものであるように、サプリメントもどこまでいっても主役の食事にとって変わる事のない脇役的な位置づけなのです。

トレーニングもサプリメントも脇役ですが、名脇役です。
名脇役がいるからこそ主役(競技練習・日常生活)がより活きてくるのだと思います。

もちろん、運動やトレーニングをしているしていないに関わらずサプリメントは絶対に摂らないという考えを持つ方を否定するつもりはありませんし、そういう方に無理強いするつもりも一切ありませんが、良くないイメージが先行しているだけだったり、根拠のない情報から不信感があるだけという場合は、せっかくの可能性をムダにしているだけかもしれないので一度しっかり調べてみてはいかがでしょうか?

確かに様々なサプリメントが出回っている中で、胡散臭いものや誇大広告のものを多く見かけるのも事実です。
そういうものに手を出さないように近くに信頼のおける専門家がいれば、その方に聞くのが一番手っ取り早いですが、そうでなければ以下のようなサイトを使って自分で調べる事も時には必要です。

Australian Institue of Sport
オーストラリアのスポーツ科学研究所が運営するサプリメントに関するホームページです。
これまでに報告されている科学的なエビデンスを元に、サプリメントをA~Dのランクに別けています。
ランクAは基本的に効果が期待出来るもの
ランクBは今後の研究も必要だが、摂取する選択肢にいれてもいいもの
ランクC・Dは根拠不十分やドーピングテストに引っかかる可能性があるもの
という具合です。

「健康食品」の安全性・有効性情報
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所が運営するサイトです。
サプリメントというより、健康食品に対する基礎知識や被害関連情報が載っています。
サプリメント同様、健康食品に対しても正しい知識を持つ事は重要です。

こういった正しい情報を元に、食品やサプリメントに対して間違った知識ではなく、根拠のある知識や認識を持って欲しいです。
(※以上のサイトを見ておけば絶対大丈夫というものではありませんが、確実に一つの判断基準にはなるものです。)

サプリメントや健康食品を摂る・摂らないも
トレーニングをする・しないも
自由です。
ですが、謝った知識や認識の元での判断はさらなる向上の可能性をつぶすことになりかねません。

僕はトレーニングの専門家で、これまでの知識や経験をもとにトレーニングをする・サプリメントを摂るという判断をしています。
(何も効果が感じられないのであれば、トレーニングなんかするわけないですし、サプリメントも摂るわけないですよね。笑)

人それぞれ色んな考えがあり、色んな哲学があるはず。
でも、そこに至る為にはそれなりの過程が必要なはず。
単なるイメージやうわさ話程度のものに振り回されないように心がけてみてはいかがでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いよいよ今週中に関東でも梅雨が明けるようです。
暑い夏が始まるんでしょうね。
そして、江ノ島にはムキムキの人たちが集まるんでしょうね....




カテゴリ:

< クレアチンのスタンスは、「ほら、安心してもっとがんばれや!」  |  一覧へ戻る  |  Startupサービスについて。 >

同じカテゴリの記事

クレアチンのスタンスは、「ほら、安心してもっとがんばれや!」

久しぶりにクレアチンを摂取しようと思います。
クレアチンはここ数年摂っていなかったのですが、長期的に摂取し恩恵に授かろうと思います。

で、クレアチンって何?
という方の為に、今回は簡単にクレアチンの説明をしようと思います。
(クレアチン⇩)
クレアチンはアミノ酸の一種で、そのほとんどが筋肉中に存在しています。
で.....
どういうふうに説明すればいいか...
よくある説明は「クレアチン」でググってもらえればいくらでもでてくるので、ここではかなり噛み砕いて書いてみようと思います。

ニュアンスは
すぐ補給してやるから安心してもっとがんばれよ!
ってなサプリメントです。

皆さんご存知のように、我々がトレーニングや運動をするときは何か物質を分解してエネルギーを得ています。
なので、動く為のエネルギーは当然無限にあるわけではないですよね。
だからこそ、疲れたり、徐々に身体が動きづらくなったりしてパフォーマンスが低下していきます。

クレアチンは、エネルギーを生み出す際に使われる物質の一つを素早く補ってくれます。
なので、もっとがんばれるのです。

クレアチンは、BCAAやEAAなどの他のアミノ酸とちがいローディングをする必要があるという特徴があります。
一般の方にはローディングという表現は聞き慣れていないかもしれませんが、カーボローディングって聞いた事ありませんか?
マラソンなどの長距離走等の運動をする数日前から、当日にエネルギー不足にならない為にいつもより多めに炭水化物(糖質)を摂取しておくことです。
クレアチンもそれと同様、まずは体内(筋肉中)を高いクレアチン濃度に保つ必要があります。
その飽和状態があるからこそ、すぐに補給出来るわけですよね。
その状態を作る為に、数日間多めにクレアチンを摂る必要があります。(ローディング期が終われば摂取量を減らします。その辺の詳しい摂取方法もだいたい商品の説明書きにありますので割愛します。)

そんなクレアチンですが、ローディング期は1日に必要量を数回に別けて摂取しますが、ローディング期が終わった後の摂取は基本的に1日1回で大丈夫です。
そして、トレーニングする日の摂取タイミングはいつがいいのでしょうか?
トレーニング前?トレーニング中?トレーニング後?
どう思います?
すぐ補給してもらえるようにトレーニング前に摂取しといたほうがいいんじゃないかと思う方も多いかもしれませんが、実はトレーニング中、又は後がおすすめです。

なぜ?

それもやっぱり、ローディングをするという特徴から考えればわかります。
そう、そもそも数日感にわたってのローディングで筋中のクレアチン濃度は高まっているので、トレーニング実施直前に摂取する必要はありません。
そして直前に摂取してもクレアチンはすぐに筋中に取り込まれません。
クレアチンは筋肉にあってナンボのものですので、トレーニング直前にとってただ血中にあるだけの状態では、そのトレーニング中においては意味をなしません。
ですので、トレーニング後のクレアチンが消費された状態のときに摂取するほうがベターです。
吸収時間を考えてトレーニング中の摂取でもいいですね。
トレーニング前はBCAAなどの他のアミノ酸の摂取のほうが優先ですね。

サプリメントはその役割や摂取方法から摂取するタイミングも少し変わってきますね。

身体を動かす際に必要な物質をすぐに補給してくれるクレアチン。
なので、そのぶん多くのエネルギー生み出してくれるクレアチンは、やはり個人的には
「ほら、安心してもっとがんばれや!」
というサプリメントだと感じています。
その結果として、筋肉量や筋力の向上を期待出来るものです。

クレアチンも活用し、もっと頑張る夏を迎えようと思います!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今回、ひさしぶりのクレアチンということでちょっと勉強し直しましたが、ほんとにボディビルダーの栄養関連の知識はすごいですね。
あの方々の自己管理能力は尊敬に値します。


ザバスミルクプロテインレビュー


職業柄、休みの日も何かしらカラダを動かしていると思われがちな私です。
が、そんなことはなく出不精なんです。

特別、出かける用事もなければ一日中テレビや映画を見たりしています。
先日の休みも、Netflixでセトウツミという超脱力系の映画を寝転びながら見てました。
で、そのとき寝転びながら飲んだザバスミルクプロテインの感想を少し書きたいと思います。
(これ以上ないくらいポテチがでてきそうなタイミングですが、そこをプロテインにすることで休みの日も理性を保っています...)

ザバスミルクプロテイン
全国のコンビニで買えるという手軽さから、活用している方も多いのではないでしょうか?
存在は知っていたのですが、これまで飲んだことはなかったので、この機会?に試してみました。

まず率直に思ったのは、
安い、飲みやすい、でかい
です。

最近のプロテインは本当に飲みやすいです。
このザバスミルクプロテインも飲みやすく、プロテインということが一切わからないくらいすっきりとしています。
それでいてプロテインが15gとれて、値段も150円とリーズナブルです。
それが全国のコンビニで買えるわけなので利便性は高いですよね。
ザバスミルクプロテインのようにすぐ飲めるタイプのプロテインは、粉状のプロテインのようにシェイカーも必要としないので初心者の方からしたらハードルが低く購入しやすいのだと思います。

しかし、気になる点は何といってもでかいことです。
内容量が430mlあるので、一気に飲むには少々厳しい量です。
飲めたとしても、お腹がちゃぷちゃぷになります。
そして、その量を頑張って飲んだ割にタンパク質摂取量が15gにとどまってしまうのは微妙なところです。
(トレーニング後であれば最低20gはほしいところ...)

ボトルになっているので、メーカー側からしたら少しずつ飲むように意図してつくったのかもしれませんが、トレーニングしている人からしたらトレーニング後に出来るだけ早くタンパク質(プロテイン)を摂取したいのが本音です。
1日のなかで少しずつ摂取するのであれば、別にザバスミルクプロテインでなくてもいいのです。
そして、内容量が多くお腹がふくれてしまうというのも、食事をしっかり摂るという前提の部分から考えるとすこし摂取するタイミングも考えなければなりません。

まとめてみるとこんな感じでしょうか。

・メリット
飲みやすい
購入しやすい
リーズナブル

・デメリット
量が多い
量から考えるとタンパク質含有量が少ない
摂取タイミングが難しい?

というわけで、私個人からしたらまだブルードラゴンを超えるまでには至りませんでした。
しかし、全国のコンビニで購入できるという利便性は強いですよね。
スポットで活用するのはありかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ある意味、家で映画見ながら飲むのは正解だったかも...
※近日中に店舗でブルードラゴンを購入できるようになります!

革新的なプロテインバー


HALEOからまたもや企業努力の結晶のような商品がでました。

HALEO PROTEIN ENERGY BAR

これ1つでプロテインが20gとれる優れものです。しかも(ホエイとカゼイン両方はいっています!)
しかし、驚くべきことはそこではありません。
このプロテインバーはベイクしていないのです。非加熱なんです。
そのため栄養素を破壊しない為、体内での利用率も下げません。

きついトレーニングををしたあとであれば、重要な栄養素は少しも逃したくないですからね。

また、そんな特殊なことをしているのであれば、原材料もわけのわからないものをたくさん使っているんじゃないかと思うかもしれませんが、原材料はとてもシンプルです。
香料・甘味料・保存料 無添加です。

他の企業から出ているプロテインバーと比べてみてください。そのシンプルさは一目瞭然です。

となると、次に心配になるのは味ですよね。
いくら良いものを使っていて、栄養素を壊さずプロテインを20gも摂れるといっても、とてつもなくまずくては続けるには辛いです。

「企業努力」

その意味を食べていただければわかります。

と、こんな熱心に宣伝しておりますが、
わたくし、HALEOにスポンサードしてもらっているわけでも、今回のプロテインバーも卸しているわけでもありません。
なので、買っていただいたところで1円の利益も出ません...
しかしながら、良いものはやはり知っていただきたいですし薦めたいのです。

そして、既存のものを常に疑問視し、それを打破する企業努力という点においても規模も業種も異なることながら刺激を受けます。
S&Cコーチ、パーソナルトレーナーとしても常に「考える」ことを忘れずに行こうと思います。

今回は宣伝をしました。
1円にもならない宣伝。
もはや宣伝ではないですね。
良いのがあるよ〜というお知らせでした。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サッカーW杯前の最後の国内試合が終わりました。
負けちゃいましたが、いよいよW杯が始まるんだなぁという感じです。
明日のメンバー発表、サプライズはあるのでしょうか。。。



トレーニングと言えばプロテイン?


前回のMagazineでトレーニングは身体(筋組織)を破壊している行為という内容のものを書きました。

今回はその破壊を極力抑制するサプリメントを紹介します。

どうせ、プロテインだろー
ありきたりだなー
と言わずに、読んで下さい。

そのサプリメントとは....

アミノ酸(BCAA)です!!!
(めちゃめちゃありきたりです!!!笑)

しかしトレーニングをそれなりにやっている方々の中では、プロテインもアミノ酸も当たり前に知っていると思いますが、トレーニング初心者の方々にとってはプロテインの存在は知っていても、意外とアミノ酸の存在は知られていないのではないでしょうか?

なので、アミノ酸の説明を簡単に...

アミノ酸も実はプロテインと同じく「タンパク質」です。
そうです、筋肉の材料となるものです。

じゃあ、プロテインでいいじゃないか。
と思われるかもしれませんが、一番の違いは「吸収の速さ」です。

トレーニングは身体を破壊する行為と言ったように、トレーニングやスポーツをすると筋肉が破壊され、分解されてしまいます。
それを極力抑える為に筋肉の材料である「タンパク質」をその都度補給する必要があるわけですが、ご存知のプロテインと呼ばれるものでは少々血液中にとりこまれるまでに時間がかかってしまうのです。
しかし、アミノ酸はプロテインと同じ「タンパク質」ではあるのですが、プロテインをすでに分解したものです。
ですので、プロテインと呼ばれるものよりも早く吸収され、いち早く筋肉のエネルギーになることができるのです。

吸収速度

これが「プロテイン」と「アミノ酸」の一番大きな違いといっていいでしょう。

ん?
じゃあ常にアミノ酸でいいじゃないか!
プロテインのでる幕がないじゃないか!
と思われたのではないでしょうか?

いえいえ!プロテインはプロテインで大事なのです。
アミノ酸はプロテインがすでに分解されたものだと言いました。
つまり、分解されたアミノ酸には色んな種類(身体を作るのに重要なもので20種類)があり、それぞれに特徴があります。
それぞれに特徴があるアミノ酸の大本がプロテインですので、基本的にはプロテインをとっておけばだいたいアミノ酸の効果も網羅出来るというわけです。(かなり乱暴な表現ですが...)
つもるところ、どちらも筋肉の材料となるタンパク質であることには変わりないのですが、そのときの状況から、アミノ酸を摂ったほうが良い状況もあればプロテインを摂ったほうがいい状況もあるということです。

簡単にまとめると、
トレーニング前(30分)、トレーニング中、トレーニング直後⇒アミノ酸
トレーニング直後、一日の中で⇒プロテイン
という感じですかね。

何となく、プロテインとアミノ酸の違いはおわかりいただけたでしょうか?

さて、ここからが本題なのですが、最近摂り始めたアミノ酸のなかでかなり効果が実感できたものがあるので紹介しようと思います。
(決して、このメーカーとなにか大人の事情があるわけではありません。ステマではないのであしからず。そして、ここから先は私の主観です。)

それが、写真にもありますが
HALEO C3X HYPER
というアミノ酸(BCAA)です。

アミノ酸にも色々あるのですが、以下のように区分されています。
・体内で合成できるもの→非必須アミノ酸
・体内で合成出来ないので、食事やサプリメントから摂取しなければならないもの→必須アミノ酸

その必須アミノ酸の中でも筋肉との深いかかわりのあるもの、
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
の総称をBCAA(Branched Chain Amino Acid)と言います。

で、このC3XというBCAAを摂取し始めてからというもの...

とにかく回復が早いんです。
筋肉痛が治るのが速いんです。

職業柄、自分にとってギリギリの強度でトレーニングするのですが、そうすると種目によっては筋肉痛が3日間あることもざらでした。
そうなると、いい状態でトレーニングしようとすると週に2回、無理して3回という感じだったのですが、このBCAAを摂り始めてからは週に3回は当たり前にでき、身体の状況からすれば4回でも可能なくらいなんです。
この差はすごく大きい。
本当に助かっています。

色んなメーカーがそれぞれのアミノ酸、BCAAを出しているので、HALEO C3Xじゃなくても効果が実感できるものもあるかと思います。(実際、全てのメーカーのものを試したわけではないので。)
BCAAと言っても各メーカーで違うのですが、HALEO C3Xでは特にロイシンの比率を高めに配合しています。

前回の記事で、
・栄養補給
・睡眠
が重要と書きました。

まずはそれが大前提で必須条件なのは変わりありません。
いくら、サプリメントのプロテインやアミノ酸を摂取していたとしても、3食の食事がボロボロだったり生活習慣が乱れ睡眠も疎かになっていては本末転倒です。
大前提のもと、その上で効果的で且つ怪しいものではないサプリメント(栄養補助食品)を摂ってみるのもおすすめです。

私の場合も、いつも栄養バランスのとれた美味しい食事を作ってくれている妻に感謝です。

今回は、アミノ酸の効果のついでに自分で効果を実感出来たものを紹介させていただきました。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
花粉の季節です。
また言ってます。「今年は例年の2倍になりそうです。」っていうやつ。
毎年、2倍以上。
10年前からもはや何倍なのか...








強化月間

S&Cとしてより強くなる為に、Haleo BLUE DRAGONを購入しました。
周りの先輩SCの方々が飲んでいる事もあり、前から存在は知っていたのですが、まぁまぁ良い値段するので、どうしようかな〜と迷っていましたが、
Haleoを出している社長のDavid HaltonさんがSNSで発信していた企業家の信条を見て、そんなちっぽけな悩みはふっとびました。
こういう方がやっているメーカーで買いたい...

最近はフィットネスクラブやジムと同様でサプリメント会社もどんどん増えており、色んなところから商品が出ていますが、より安いものを追い求めるのではなく、実態を知る事ができ、コンセプトやスピリットをしっかり持っていて、そこに共感できるところにお金を使いたいと思っています。

また、自分が指導者としてやっていくにも、お店を続けていくにも、他人や時代の真似事ではなくしっかり自分のスピリットを持ち続けてやっていきたいものです。