HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > トレーニング初心者の方へ > トレーナーに依存しないほうが良い理由

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE

< トレーニング情報に関するリテラシー  |  一覧へ戻る  |  気持ち新たに、秋季大会に向けて。 >

トレーナーに依存しないほうが良い理由

ストレングスコーチにしろ、パーソナルトレーナーにしろ、言わずもがなお客さんありきの職業です。
特に自分で店舗経営をしていたり、フリーランスで活動している人にとっては尚更。
だから、お客さんには出来るだけ長く来て欲しいと思っている同業者は多いと思います。
そのため、パーソナルトレーニングジムなどの施設にとってお客さんの継続率はとても重要な意味をなし、お客さんが出来るだけ継続してくれるようなシステムを構築しようとするのが普通です。
これは全然悪い事でもなく、そのサービスがしっかりしたものであれば、継続しやすいシステムを構築することはお客さんにとっても、トレーナーにとっても良い事で、winwinの関係性が成り立ちます。

しかしながら、個人的には基本的にお客さんはトレーナーや1つの場所に依存するべきではないですし、トレーナーもお客さんを依存させるべきではないと思っています。
(依存とは何を指すかと言いますと、そのトレーナーと一緒じゃないと全くトレーニング出来ない、又はしないということです。)

こう思う理由はいくつかありますが、1つはトレーニングや運動をライフワークにするにはそのマインドでは厳しいからです。

例えば、吉岡としかトレーニング出来ない・しない方にとって以下のような事が起こった場合、その方はどうするでしょうか?

・吉岡が遠くに移転しやがった
・吉岡がトレーナーやめるとか言い出した
・吉岡が事故っちまった
・吉岡が病気になっちゃったよ
・吉岡が忙しく、予約が全然とれねぇ
・吉岡値上げハンパねぇって
・吉岡が大学院いくとかほざいている
・吉岡が海外行ったきり戻ってきやしねぇ

かなり可能性が低いものもありますが、何かしらの理由でトレーニングの担当者が変わったりと言うのは良くある話ではないでしょうか?
そんなとき、そのトレーナーに全てを任せていた人は、きっと
・トレーニングをやめる
・違うトレーナーを探し1からやりはじめる
という選択になるかと考えられますが、せっかく積み上げてきたトレーニングをやめるのは勿体ないですし、違うトレーナーを探すのも二度手間ですし、良いトレーナーに出会えるかも不明です。

何かしらの理由で僕がトレーニング指導ができなくなったり、又はお客さん側の都合(引越しや転勤など)でトレーニングが出来なくなった場合に、トレーニング自体をやめたりするような選択肢しか残らないようなお客さんばかりにしたくないと思っています。

しかし、トレーナーが指導対象者にトレーニングのやり方を1つも教えず、指導対象者もトレーナーに言われるがまま何も考えずに淡々と作業のようなトレーニングをこなすような、
一緒に作り上げていくようなパーソナルトレーニングではなく、トレーナー本意の
トレーナー100:指導対象者0
の関係性のままのトレーニングセッションでは、いざ上記にあげたような事が起こっても前向きな選択肢は残りません。

トレーナー100:指導対象者0
のままではなく、トレーニングに慣れてきたら
指導対象者自身に重量設定をしてもらったり、自主トレをしてもらったりすることで
トレーナー70:指導対象者30
くらいの割合でトレーニングセッションを一緒に作り上げていければ、いざという時にも「自分でやればいっか。」というような前向きな選択肢が増えるはずです。

そうなる為には、指導対象者が自分自身で考えることをやめてはいけませんし、そうさせるようなトレーニング指導をしてはいけません。
してはいけません....というより僕はしたくありません。

最初はもちろん、100:0で良いと思います。
トレーニングする事自体で頭いっぱいだと思いますし、僕自身もしばらくはトレーニングってどういうものがどういう身体的な変化をしていくのかを実感して欲しいので、最初からしばらくは本当にすべてを任せていただければ良いと思っています。

少しずつトレーニングに慣れてきたなというところから、トレーニングのやり方を教えていきます。
そうすることで、最初は100:0だった比重が70:30になり、50:50になり......
という感じで、少しずつ指導対象者主体のトレーニングになっていけばいいと思っています。
トレーニングプログラムを自分で作ったりというところまでは現実的ではないので100:0が0:100には流石にならないかもしれませんが、限りなくそれに近づいていければいいですよね。
それが、SHONAN TRAINING DEPT.のポリシーです。

重要なことはトレーナーに依存する事ではなく、トレーニングに対する知識や方法を自分で理解することです。
それが、これから長く続くであろうフィットネスライフをより有意義なものにしてくれると確信しています。


前職のとき、こういう話を聞きました。
キング・カズこと三浦知良選手は外食する度に担当の栄養士さんに電話をし、何を食べれば良いのか聞いていたそうです。
しかしそれでは栄養士さんも大変ですし、カズさんの為にもならないという事で、あるときから外食にいった際にメニューを全て言ってもらいそこから自分で選んでもらうようにしたということです。
そうすると徐々に電話が減ったという話です。

まさにこういう事です。
知識をつけてもらい、自分で考えてもらう事。
筋力をつけたいという方に対して、筋力をつけてあげるだけではなく筋力をつける方法も一緒に教えてあげたいんです。
このジムを続けて欲しいのではなく、トレーニングを続けて欲しいんです。
「吉岡さんとじゃないとトレーニングしません。」も嬉しいような気もしますが、「あの時、吉岡さんにトレーニング教えてもらえてよかったです。」と言ってもらいたいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
しかし、このマインドは売上が全然安定しないんですよね。
トレーナーやめよかな。笑










カテゴリ:

< トレーニング情報に関するリテラシー  |  一覧へ戻る  |  気持ち新たに、秋季大会に向けて。 >

同じカテゴリの記事

そのトレーニング頻度、自分に合ってる?

トレーニング初心者にとって気になる事の一つとして、どれくらいの頻度でトレーニングすれが良いの?というものがあると思います。
これに対する答えは、
週3回程度
というものが多いかと思います。

そうなる理由としては、筋肉の疲労を考慮して回復するまでに24〜48時間と一般的に考えると一週間にトレーニング出来る日数はだいたい3日程度になるからと考えられるからだと思います。
しかし、このトレーニング頻度に関しては確かに基本的には週3でできばいいかもしれませんが、そうでなければいけないということはありません。
その人のトレーニングの目的や1回のトレーニングに費やせる時間など他の様々な条件によって変わってくるはずです。
つまり、1回のトレーニングに費やせる時間が長くとれて全身みっちり追い込める人にとっては週に3回という頻度は多すぎる場合もありますし、逆に1回のトレーニングに費やせる時間は短いけど、毎日とれる人にとっては週に3回以上トレーニングしたほうが良い場合もあるという事です。
また、トレーニングに対する目的においても
筋肉量や筋力を増やしたい人と、それよりもまずはトレーニングをすることに慣れて習慣にしたい人ではベストなトレーニングの頻度は変わってくるはずです。
極端な話、トレーニング効果なんて二の次でまずはジムに行く事に慣れていきたい人にとっては毎日トレーニングに行くのもアリだと個人的には思います。
その際に注意しないといけない事は、毎日続けられる強度や量におさえるということです。

トレーニングを続ける・慣れる事が目的なのであれば、筋量や筋力を増やす為の基本を真面目に守る必要もなく、例え1回のトレーニングに対する強度や量が足りていなくてもジムに行き何かしらのトレーニングを実施していればとりあえずは目的達成です。
そしてジムに行く事やトレーニングをする事に慣れてきたら、そこから少しずつトレーニングの質のほうを改善させていけばいいのです。

確かにトレーニングの効果を出す為に必要な事はある程度決まっていますが、必ずしもそこからスタートする必要はなく、そこに行き着くまでの過程は人それぞれ自由でいいと思います。
大事な事は続ける事なので、いくらトレーニングの基本をしっかりおさえた素晴らしいスタートをきれても、それがストレスになり一瞬で辞めてしまうようでは本末転倒ですからね。

ある程度の年齢になれば自分の性格の事もわかってくると思うので、自分の性格に合わせたやり方も交えながらトレーニングの頻度も考えていけば良いかと思います。
しかし、必要なこととしてトレーニングの基本は知っておかねばならず、トレーニングでポジティブな効果を出したいのであれば遅かれ早かれその基本を取り入れていかなければいけないという事です。

今回はトレーニングの頻度を例に出しましたが、トレーニングの頻度も量も強度も又はトレーニングの種目等も、全て自分がもっている条件や環境によって変わってきます。
ネット等の情報で、一般的な正解だけをみてトレーニングを諦めてしまうのは勿体ないですからね。
自分にあったトレーニングスタイルはきっとあるはずです。

と、今回このような内容を書くきっかけになったのが、
今年の3月くらいから、店に着いてから始める最初の業務?としてトレーニングに関する学術論文を読む事をルーティーンとして続けているのですが、ルーティーンとしたことでそれまでの時間があったら読むスタイルよりも遥かに効率が良く少しずつですが読める本数も増えてきたからというのがあったからです。
まだまだ理想にはほど遠いですが、自分には時間が空いた時に一気にやるよりも少しずつでも頻度高くやるほうが合っているようです。
どっちにしろそんなに集中もたないですし...笑

そこでトレーニングの導入部分でも同じだなと思いまして、やり方を変えるだけでそれまでよりも効率よく出来る場合もあります。
今のやり方が微妙だなぁと感じていたなら、また以前やっていたけどうまくいかなかったのであれば、思い切ってやり方を変えてみるのもいいかもしれませんね。

トレーニングは週3回の頻度が良いというのはある条件下での理想みたいなものです。
理想の答えだけを鵜呑みにして悩む必要なし!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
少し前に「人間は9タイプ」というビリギャルでおなじみの坪田信貴さんの本を読みました。
その本のテストによると、私は堅実家タイプのようです。
なので、論文をルーティーンにしてコツコツとやるようにしたのも理にかなっているかもしれませんね。





ジム選びの際にも当たり前を疑え?

Googleアプリでは自分がこれまで検索した履歴をもとにおすすめ記事として自分が興味ありそうなネットの記事が表示されています。
なので、私のGoogleアプリのおすすめ記事には当然、トレーニング関連の記事が良く出てきます。
大体はくだらないものなのですが、
ヘー、こんなサービスもあるのかぁ
と思ったものを今回は紹介しようと思います。

それは、Nupp1 Fit というアプリです。
見ていただければわかりますが、提携しているジムを予約なしで使えるというサービスです。
それも月額費用はかからず、1分15円〜という料金システムです。
つまり、提携しているジムであればムダな料金は一切かからずに運動した分だけ料金が発生するというものですので、大手フィットネスクラブのような定額料金で起こり得る月会費をドブに捨てるようなことにはならないというわけです。

先にお伝えしておきますが、個人的にこのサービスを特別オススメしているわけではありません。
自分で活用した事もないですし.....
ぱっと見た感じではもちろんこのサービスにもメリット・デメリットがあり、またそれはユーザーによっても変わってくると思います。

では、なぜ今回このサービスを紹介しようと思ったか?ですが、
それは現在のトレーニングの始め方に対して新しい選択肢を増やしたという点でとても興味深かったからです。
私個人の考えとしては、トレーニング初心者がトレーニングを始めるにあたっての当たり前とされている進路に対して多いに疑問を感じているからです。

家の近くのジムに見学にいき、よくわからないけど入会金無料だし月会費も初月無料だし、とりあえず入会してみる。
そもそも何を見に見学いってるのか?
これがおそらくトレーニング初心者の8割(主観)の方が通るであろう王道ルートです。
このルートが間違いかと言われれば、そうも言い切れないんです。
実際、このルートで上手くいく方も中にはいらっしゃるでしょうから。
しかしながら、現在のフィットネスクラブの継続率の低下、そしてそれをさらに上回るとされているトレーニングの継続率の低下は、その王道ルートにも原因があるはずだと思っています。

そういう状況において、王道ルートだけではなくNupp1 Fitのような新しいルートができることは意味のある事だと思います。
少し前に紹介したシェアワークアウトスペースもそうですが、この令和の時代、トレーニングに関するサービスも多様化しています。
つまりトレーニングの始め方やジムの選び方も数年前と違って選択肢が増えています。

Aの方法では上手くいかなかった方も、もしかしたらBの方法では上手くいくことも十分あり得ると思うんです。
料金システムで比べてみても、大手フィットネスクラブのような定額制のほうがいい人もいれば、Nupp1 Fitのように従量課金制のほうが合っている人もいるはずです。
大事な事は、視野を広くもつ事。
自分に合ったシステムのジムを見つける事です。

そんな事言われても、初心者にとっては難しいことはよくわからない...
という方は是非、当ジムの体験を利用していただきたく思います。
トレーニングを新たに始める方に対して様々な選択肢をわかりやすく伝えるためにも、Nupp1 Fitのようなサービスを知れた事は私としても収穫でした。
業界内での事に関して常にアンテナをはっていないとお客さんに対して多角的に情報を提供出来ないですからね。

何かを成し遂げる為には時に当たり前を疑う事が必要ですが、そのスタンスはジム選びの際にも重要かもしれません。
家の近くのジムにいけばいいや。という進路が正しいのかどうかはフィットネスクラブの継続率・トレーニングの継続率が示していますよね。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日本ではスイカを食べる際に塩をふるのが一般的?ですが、イタリアのシチリア半島ではレモンをしぼって食べるらしいです。
流石シチリア!




よくわからなくなったらトレーニングの原理・原則に立ち返る

現在では様々なトレーニング方法が色んな媒体を通して紹介されていますが、そもそもトレーニングって何なんでしょうか?
トレーニングを日本語訳すると、
・練習すること
・訓練
・鍛錬
と出てきます。
また、その他にも辞典によって色んな表現がされています。
詳しくはコチラ

なんだか難しくてよくわからなくなりそうですが、私たちトレーニング指導者であれば誰もが把握しているトレーニングの原理・原則というものがあります。
以下のものです。

・過負荷の原理
・特異性の原理
・可逆性の原理
・全面性の原則
・自覚性の原則
・漸進性の原則
・個別性の原則
・反復性の原則

時に少し違う表現をしたりしますが、基本的に以上がトレーニングの原理・原則です。
しっかりとしたトレーニングは基本的に以上の原理・原則を全て満たしています。
逆にこれらを満たしていなければ、トレーニングとしてはどうなの?という疑問が浮かんできます。

トレーニングをする際に知っておきたいこれらの原理・原則。
簡単に説明していきますね。

・過負荷の原理
楽な負荷ではなく、その都度ある程度きつく感じる負荷をかけましょうということです。
トレーニングをする際に〇〇kgを10回といわず、10RM(Repetition Maximum→最大反復回数→ギリギリ反復出来る回数)と表現するのはこの原理があるからですね。
10回やるのが重要なのではなく、ギリギリ10回できる負荷で実施するのが重要ということです。

・特異性の原理
目的に応じてトレーニング方法を変えましょうということです。
極端に言うならば、下半身の筋力を上げたいのであれば下半身のトレーニングをしましょう。上半身のトレーニングをしていても下半身の筋力は上がりませんよね。

・可逆性の原理
トレーニングをすることでポジティブな変化がおこっても、やめてしまえば元に戻ってしまいますよということです。
当ジムでもトレーニングは「継続」が大事ですよと言っているのはこの原理があるからですね。

・全面性の原則
トレーニングは全面的にバランス良く実施しましょうということです。
何かしっかしとした理由や目的があれば別ですが、上半身ばっかりトレーニングしていてもケガ等に繋がってしまうかもしれませんからね。
偏ったトレーニングにならないように気をつけましょう。

・自覚性の原則
トレーニングしている箇所をしっかり意識しましょうということです。
どこ鍛えているのかのかよくわからないままトレーニングしていても、効果は期待出来ませんよね。
専門分野外ですが、ボディビルダーはここに関してずば抜けているとかいないとか....

・漸進性の原則
負荷は徐々に上げていく必要があり、ずっと同じ負荷ではトレーニングになりませんよ、ということです。
一番最初の過負荷の原理とセットで漸進性過負荷の原則といったりもします。
負荷を上げるのはしんどいですが、上げるからこそトレーニングなんですよね。
その負荷を扱えるようになったことを喜びましょう!
原理・原則の中でも、過負荷の原理と漸進性の原則はとても重要です。
この2つを満たしていないものはトレーニングと呼べる代物ではありません。

・個別性の原則
個人によって体力レベルなど条件は違うので、一人一人にあったトレーニングをしましょうということです。
パーソナルトレーニングのようなマンツーマンのトレーニングはここが特に優れていますよね。

・反復性の原則
可逆性の原理にも繋がりますが、繰り返し実施しましょう、ということです。
当ジムでも一ヶ月にある程度の頻度のトレーニングを薦めているのは、この原則の為です。

以上、トレーニングの原理・原則を簡単にまとめてみました。
改めて見てみると、

負荷の調節ができていない
偏ったプログラム
継続できない
何も考えずにこなしているだけ
というようなものはトレーニングとは呼べず、むろん願っているような効果も得られません。

たまにメディアなどで紹介されるトレーニングがこれらの原理・原則を満たしていないトンデモ理論だったりもするので、そういうものを鵜呑みにしないためにもトレーニングの原理・原則を頭に入れておくことはムダではありません。

原理・原則を理解し、「トレーニング」をしましょう!

あなたがやっているのは「トレーニング」ですか?
それとも...?
キャーーーーーーーーーー!!!!!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
夏も近いのでホラーな終わり方になりましたが、トレーニングには分類されなくても身体にとっていい運動になっている場合もありますので、トレーニングの原理・原則が全てというわけではありません。
しかしながら「トレーニング」とはそういうものです、ということです。






まずは広く浅くでOK!

何かを勉強するとして、理想的なのはその分野に対して深く知れるところまで勉強する事だと思います。
トレーニングに対しても同じで、トレーニング自体やトレーニングに纏わる様々な事に対して精通しているほうが、もちろん知らないよりはいいです。

しかし、トレーニング初心者に対してそれを仕事にするわけでもないのに、トレーニングの事をみっちり勉強するなんてことは現実的ではないですし、ましてやそれを求めることも的外れです。
(※アスリートの場合は、それが必要な場合もあります。)

そんなトレーニング初心者の方に対して教える側がしていくべきことは、広く浅くでもいいのでトレーニングに関係する事を伝えていく事だなと最近感じます。
先日も書いたように個人的には、ただ単にトレーニングをしてもらうのではなくお客さん自身にも考えてもらい必要であれば簡単な知識面のことも伝えていくように心がけています。

トレーニング指導者やある程度トレーニングしている人にとっては当たり前の事でも、トレーニング初心者の方にとっては全然浸透していない事は結構いっぱいあるはずです。

その中の1つが、例えばトレーニングと食事(又はサプリメント)の関係性について。
トレーニング初心者の方にとってトレーニングはトレーニングのことだけで完結しており、そこに食事やサプリメントから摂取する栄養素が大きく関係している事を知らない場合は多いです。

プロテイン=ゴリマッチョ
というイメージを持たれているのもその1つですよね。

でもだからといって、栄養学、食事、サプリメントの事についていきなり詳しく教えることはしません。
栄養士でもないですし...

ここで重要なのは、
何をどれだけ食べなければいけない
とか
何が足りていない
とか
どの栄養素がどういう働きをしているか
ではなく、
「トレーニングには食事(栄養素)が大きく関わっていますよ。」
と伝える事です。

全然深くなく、メチャクチャ浅いですが、その事が頭の中にあるかどうかだけで質問が生まれてきます。
え?どーゆー事?
何食べたらいいの?
いつ食べたらいいの?
サプリメントって?
という感じで。
しかし、その事が頭になければ質問は生まれません。
まず重要なのは一方的に教える事ではなくて、質問してもらう事だと思っています。
質問の質はそのうち上がっていきます。

その分野の存在のことを知らなければ、疑問すら生まれません。
しかし、深く知っていなくても、理解していなくても、
どうやらこういうものがあるらしい、どうやら重要らしい、
くらい浅くても頭にあれば話は変わってきます。

質問がでないのは、
知り尽くしているか、疑問に結びつかない程知らないか
のどちらかです。
何かの初心者にとって、質問が出ない理由は後者のはず。
まずは全然深く知る必要はないし、深く教える必要もなく、広く浅く知ってもらうだけ。

一方的に教えて(教えたつもりになって?)、質問が全く出ない(出させない?)ようなトレーニング指導はしたくないですし、してもらいたくないはず。

トレーニング初心者にも関わらず、
・何聞いていいかわからない
・聞ける人がいない
は要注意ですよ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
職業柄当たり前なんですが、ずっと勉強を続けていきたいと思っています。
間違っても勉強好きではないんですけど...
でも、そう思います。





質の高いトレーニングをするために。

誰しもが何事も質の悪いものよりも質のいいものを選びたいですよね。
トレーニングだってもちろんそのはずです。
質の高いトレーニング、つまり目的に対して結果が出ている事が実感できるようなトレーニング。

そういう質の高いトレーニングをするためには何が大事なのでしょうか?
細かい事をあげていけばきりがないですが、質の高いトレーニングを構成している大きな要素は以下の2つだと思っています。

①キレイなトレーニングフォーム
②適切なプログラミング

この2つがしっかり出来ていれば、基本的には安心だと思います。
逆にこの2つのどちらかが出来ていない、または両方できていなければトレーニングの質は低くなり、目的に対して遠回りになってしまう可能性が大きくなると考えられます。

まず、①についてですが、
これはおわかりの方も多いかと思いますが、トレーニングのフォームはとても大事です。
トレーニングのフォームが悪ければ、使いたい・鍛えたい筋群に的確にアプローチできないのはもちろん、ケガにもつながりかねません。
フリーウェイト種目をやるのであればなおさらです。
初心者の方であれば、本やネットなどの情報から始めてみるのではなく、信頼のおける専門家に見てもらうのがオススメです。
なぜそのフォームになるのか、どういうフォームになったら危険なのか等、詳細に教えてもらいましょう。

次に②についてですが、
例え、どの種目のフォームもキレイに実施する事ができていたとしても、目的に対する種目選択や回数、セット数などがメチャクチャであればトレーニングの質が高いとは言えません。
トレーニングプログラムは目的に対して、ゴールまでの道しるべのようなものです。
適切なプログラムなくして、トレーニングは成り立ちません。


最初にも書きましたが、この2つ以外にも細かい事は色々あります。
ですが、トレーニングを始める上でまずはこの2つが重要なんだなと頭に入れておいていただきたいですね。

どうせ、体力も時間も費やすなら、少しでも質の高いトレーニングを目指し、有意義なものにしましょう!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今日お客さんに教えてもらったのですが、ついに藤沢にエニタイムフィットネスができるようです
トレーニングの知識と技術をある程度修得している方でしたら、あんな使い勝手の良いジムはないと思います。
藤沢周辺で自主トレしている方は要チェックです。