HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > Strength&Conditioning > 根性vs科学

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE

< 入会してもらうのが目的ではないからこそ活きるオンラインサービス!  |  一覧へ戻る  |  ジム選びの際にも当たり前を疑え? >

根性vs科学

近年少しずつですがスポーツサイエンスというものが世の中に浸透しつつあるなと実感します。
野球でいう投球制限やサッカーやラグビーなど様々なスポーツでの心拍計測等のウエアラブル端末の使用、テクノロジーの発達
など、科学的なデータをもとに根拠をしっかり示したうえでの練習やトレーニングそして試合が行われ、危険を排除しながら最高のパフォーマンスを目指せるようになってきています。

最近では高校野球で佐々木投手が決勝で投げなかった事に対する賛否が分かれていますが、SCコーチやAT(アスレチックトレーナー)といった身体の専門家の中では投げさせなかったという判断は英断だったという人が多い印象です。
私自身も、この件に関して深いところまで把握しているわけではありませんが、同じように感じていいます。
もちろん、多くの人が思うように決勝でも投げてもらって甲子園でも見たかったなという気持ちもありますが...
それはただの自分のエゴですよね。

プロの世界だけではなく、部活動の現場でもただの根性だけではなく科学的な背景をベースにした練習方法やトレーニング等を取り入れていく事は当然必要です。
これまでは指導者の「経験」だけを元にした
・必要以上の走り込み
・休みがない
・長時間練習
などの根性至上主義が多かったとと思いますが、近年少しずつ科学が入り込み、まだまだ完全ではないにしてもこれまでの「経験」だけを元にした根性論を見直すような議論がされるようになってきている事は確かです。

これから先、プロであれアマチュアであれ重要な事は根性論ベースで成り立っているチームに対して科学的なサポートが介入したチームが結果で勝ちきる事が求められてくるはずです。
そうでなければ、結局根性論が正当化されてしまうこともあり得ます。

そして、私の個人的な感覚ですがこれはそれほど簡単なことではないように思えます。
特に高校生等などの学生においては根性論ベースで成り立っている、なかば洗脳に近いような状態にいるチームはかなり強い印象です。
それが例え、多くの危険性をはらんでおり、長続きしないとしても現時点においてはかなり手強い可能性が高い。
そういうチームに対して勝ちきるのは簡単ではありません。
だからこそ、スポーツサイエンスはもっといろんなことを解明していく必要があるし、それを現場に落とし込む指導者も知識や技術を磨く必要があるはずです。
「経験」だけではなく、しっかり根拠を示した上で適材適所での「経験」も活かす事で選手たちを危険から防ぎ、ベストなパフォーマンスを発揮してもらう。
そして、勝利に繋げる。

実際、今現在どれくらい根性論ベースで成り立っている環境があるかはわかりませんが、スポーツサイエンスが繁栄し、それを現場に落とし込む指導者が職務を全うしなければ、危ない環境にいる選手たちを守ることは難しいかもしれません。

根拠のない自信を上回る根拠のある自信をつけさせる為には、膨大な知識や技術、そしてそこからくる説得力が必要なはず。
何を言いたいかというと、もっと勉強だな....
ということです。

今回の大船渡高校野球部の監督のように指導者には難しい判断を求められることがあります。
そんなとき、自信をもって判断出来るように日頃から準備しておくことが大事だなと改めて思いました。

そして、勘違いしてはいけないことは、科学的な介入は決して選手にとって楽ではないということ。
根性も正しく使えという事ですね。
時としてただがむしゃらに動くよりも考えながら動くほうがよっぽど根気の強さが求められたりもしますからね。

私自身、高校でもトレーニングを教えていますが選手ファーストという考えを前提におきながらもまだまだ色んな面で未熟な選手(生徒)たちを時には根拠のある説得力をもってしっかり引っ張っていきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今回の大船渡高校の件ですが、監督の判断もさることながら、それに従った佐々木投手も本当に素晴らしいと思います。
普通飲み込めないですよ...
佐々木投手の今後の活躍を心から願っています。










カテゴリ:

< 入会してもらうのが目的ではないからこそ活きるオンラインサービス!  |  一覧へ戻る  |  ジム選びの際にも当たり前を疑え? >

同じカテゴリの記事

Strength&Conditioningとの最初の出会い


先日、Magazineのカテゴリを別けた際にStrength&Conditioningというカテゴリを作りました。
一般の方にはもちろん、アスリートにとってもまだあまり馴染みのない言葉かもしれません。

Strength&Conditioningとは何なのでしょうか?
National Strength&Conditioning Association Japan(NSCA)によれば、
Strengthは単に筋力だけではなく、神経-筋系全体の能力
Conditioningはスポーツパフォーマンスを高める為の様々な体力要素を総合的に調整すること
としています。(簡略化しています。)

つまり、どういうことかというと、
Strength&Conditioningという概念はアスリートのパフォーマンスアップの為のものであり、アスリートの味方というわけです。
一口にウェイトトレーニングといっても、ボディビルダーの為のトレーニングやボディメイクを目的としているトレーニングがあるようにアスリートがパフォーマンスアップの為に行うトレーニングもあり、それがStrength&Conditioningというわけです。
そして、そのようなトレーニングを教える職業をしている人の事をS&Cコーチと呼んだりします。
もちろん同じトレーニングの話なので、色々重なり合う部分もありますが細かく見ていくと違いますし、何よりも目的が違うというのが重要なところです。

そんなS&Cと僕自身との初めて?の出会いのことを今回は書きます。

当時、僕は大学2年生か3年生でトレーナーを目指しておりました。
トレーナーといっても当時はよくわかっておらず、
大枠で見て、トレーニングを教えるトレーナーはS&Cコーチと言い、ケガをしたときの対処やリハビリを主に担当するトレーナーのことをアスレチックトレーナー(AT)と言う。くらいのことしかわかっていない状態だったと思います。

それならトレーニングを教えるほうになりたいなぁという漠然とした思いでいたのですが、そのうち先程もでてきたNSCAという団体と関係のあるウイダートレーニングラボというジムがある事を知ります。

そこは多くのアスリートをサポートしており、トレーニングを教える職業を目指すのならば知っておかなければならないジムだなと思い、インターンを受けることにしました。
その当時、大学の同期が一足早くそこでのインターンを受けていた事もあり割合スムーズにインターンとして受け入れてもらう事が出来ました。

インターンとしての最初の仕事?は自分のトレーニングから始まりました。
早番?のスタッフは朝きてまず自分のトレーニングを実施して、そのあとジム営業開始の為の掃除に入ります。
掃除機を全体にかけ、たくさんあるバーベルを拭くことが主な掃除内容です。
けっこうこれが大変だった覚えがあります.....
当時のヘッドコーチに、掃除がまともに出来ねぇ奴はトレーニング指導だってまともにできねぇよ。みたいなことを言われたのは今でも印象に残っています。押忍。

その後はアスリート等のお客さんがいらっしゃるので、先輩コーチのトレーニング指導の見学をしたり先輩コーチの時間が空いていれば色んな研修をしていただけるというような流れでした。

ある日、いつものように自分のトレーニングでベンチプレスをやっていたときの事です。
その時の僕のベンチプレスを見て先輩コーチが、こう言いました。

「ベンチプレスって別に大胸筋(胸の筋肉)を大きくする為にやっているわけではないからね。」
おそらく、当時の僕のベンチプレスのフォームがボディビルダーよりのフォームになっていたんだと思います。
詳細は覚えていませんが...

今ではそういわれた理由もわかりますし、なんのためにベンチプレスをやるのかもわかります。
(ただ、ベンチプレスは大胸筋を鍛える為にやるのは間違いではないんですけどね.....笑)
しかし、その当時の僕は頭の中が???????????????だらけで、全く言っている意味がわかりませんでした。
衝撃です。
じゃあなんでベンチプレスやるんだぁぁぁぁあああ!!!!!!!!という感じです。

でも振り返って考えてみると、そのときこそが僕とS&Cという概念との出会いだったような気がします。
少なくとも、一番記憶に残っています。

アスリートにとって、どこかの筋肉を鍛える事はその先にある何かを達成する為の手段なのであって、目的ではないという事です。
しかし、ボディビルダーからしてみれば大胸筋を鍛えるため、大きくする為にベンチプレスをやるので、それが目的なのです。
少し難しいですが、こういう風にトレーニングの目的が変われば、概念も変わり、トレーニング方法も変わるのです。

たまにアスリートでウェイトトレーニングをしたら身体がでかくなって、動きづらくなったからトレーニングは必要ない、という用な事を言っていたりしますが、そうなった原因や問題はウェイトトレーニング自体ではなく上記のものだと思います。

その当時から色んな事を学んだとは言え、この先もまだまだ色んな勉強も経験もたくさんしていく必要がありますが、今回はちょっと昔の事をふと思い出したので書いてみました。

ちなみに、このStrength&Conditioningという概念はアスリートだけではなく一般の方の健康の為にもものすごく役に立ちます。
アスリートが行っているトレーニングプログラムを一般の方が行う必要は個人的にないと考えていますが、アスリートの体力要素を向上させる為の概念は一般の方の体力要素を向上させることにも直接的に通じます。

少し難しい表現の仕方が多くなってしまい恐縮ですが、トレーニングにも色々ある事やその中の1つでありStrength&Conditioningというものの存在を少しでもわかっていただければ嬉しく思います。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
GWということで、5月の最初は少しお休みにしようかと企んでいます。
いやいや、休ませねぇよぉ?という方はバンバンご予約下さい。笑


"フィジカル革命"の本質とは?

先日、テレ東の 追跡LIVE!SPORTSウォッチャーという番組で、いわきFCの特集をやっていました。
いわきFCといえば、日本のサッカー界では珍しいフィジカル推しで有名なチームです。

番組の特集でもやっていましたが、ウェイトトレーニングを徹底し、おそらく他のチームよりも優先順位を高い位置にもってきているようです。
ボールをつかった練習よりもトレーニングに時間を割いているという内容のものでした。

こういった事をやっているチームを見て、トレーニングを指導する立場にある者としては嬉しく思います。
日本のサッカー界には、体幹トレーニングやファンクショナルトレーニングといわれるものに対して、まだまだ適切な体系化されたウェイトトレーニングは普及しておらず、いわきFCのようにがっつりトレーニングをして筋力や筋肉量を増やすという考え方はまだまだ一般的にはなっていないように感じます。
そういった現状にあって、風穴をとおすようなやり方をしているいわきFCは目を引くものがあります。

しかしその反面、微妙だなぁと思ってしまいます。
そう思う理由には、ウェイトトレーニングをやる目的にあります。

アスリートがウェイトトレーニングをやる目的は何といっても「勝利」に近づく為です。
その為に、主に以下の2つの役割がウェイトトレーニングにはあります。
①パフォーマンスアップ(競技能力向上)
②傷害予防の可能性向上

①に関しては、
走る、跳ぶ、投げる、などのアスリートにとって必要な基礎的な動作を筋力やパワーを向上させる事でアシストすることです。

②に関しては、
ハードな練習や試合において、少しでもケガをする可能性を減らす事です。
アスリートにとって、ケガは一番避けたいものといっても過言ではないはずです。
筋力が弱いよりも強い事で、防げるものがあります。

①にしても②にしても、やはりキーワードは「筋力」であり、その筋力がアスリートにとってポジティブな影響をもたらしてくれる、それがウェイトトレーニングの役割です。
①と②のどちらも重要ですが、その中でも②の位置づけが最重要だと個人的には感じています。
アスリートにとって、一番重要なのは練習(競技練習)そのものです。
ウェイトトレーニングは選手の技術を向上してくれません。
サッカーで言うなら、
パスをうまくしてくれません。
トラップをうまくしてくれません。
シュートをうまくしてくれません。
それらをうまくしてくれるのは、練習に他なりません。
もちろん、ウェイトトレーニングで培った筋力が、それらの技術に対して何らかの恩恵を与えてくれることは十分考えられますが、ウェイトトレーニングだけでは不可能でしょう。
あくまでもウェイトトレーニングは練習をしっかり出来るだけの身体をつくるものであり、練習にかわって主役とは基本的にならないものです。

練習とウェイトトレーニングとの関係性。
いわきFCの今回の特集を見る限り、その関係性がどうなんだろうかと....
そこが、微妙だなぁと感じたところです。

とは言っても、
ただ番組の特集を見ただけで、詳しい内情を知っているわけでもありませんので、それだけで何も判断はできません。
いい加減な事も言えませんし、批判する気ももちろんありません。

ただ、個人的にはウェイトトレーニングには役割があり、それだけではもちろん限界があります。
ウェイトトレーニングの役割を見誤ってしまうと、トンデモ理論に発展してしまい危険ですらあります。

今後もいわきFCには注目していきたいです。
サッカー界にとっても良い意味でウェイトトレーニングのあり方が広まっていってくれると良いなと思っています。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
それにしてもいわきFCのトレーニングルームが充実している....






筋トレをせずに結果を出しているアスリートへの筋トレの介入は必要か?

またまた長い題名ですみません。
別にSEO対策をしているわけではありません...

先日の世界柔道選手権で日本選手団は見事な活躍をみせ結果をだしました。
その中でもやはり注目をあびたのは、阿部兄妹の二人そろっての金メダル獲得ではないでしょうか?

兄の阿部一二三選手は筋トレをしないことで有名です。
有名と言いますか、2017年放送の情熱大陸のなかで本人が言っていたのを個人的に印象に残っているだけですが...
(その放送からも1年ほどたっていますし、柔道の日本代表にはメディアでも度々登場する日本体育大学准教授であるバズーカ岡田こと岡田隆先生がトレーニングコーチとして指導しているので、現在では環境が変わっているかもしれません。)

筋トレをしない理由としては、
「柔道に必要な筋肉は柔道の中で養われるから」
というものです。
この考え方はおそらく多くのアスリートの中にあるのではないかと思います。

その競技をはじめたばかりだったり、まだまだ成長過程にある学生アスリートならまだしも、プロで活躍し、その競技生活をそれなりに長く続けているアスリートであれば、その考え方は確かに一理ありそうですよね。
何より結果をだしているし...
それでいいじゃん?変にやり方変えなくても...と

しかしながら、その考えは完全に正しいとは言えません。
その理由としては色んなものがあり、全て書いているとブログのレベルを超えてしまいますので、焦点をしぼって書きます。

「柔道に必要な筋肉は柔道の中で養われるから」

その考えが出てくる背景にはウェイトトレーニングというものが筋力やパワーの向上といった体力面の向上の為だけにあると思っているからかもしれません。
ウェイトトレーニングといものが、筋力やパワーの向上のためだけのものであれば確かに、結果の出ている選手からすれば、筋力やパワーはもう十分でこのまま柔道の練習の中で養われていく程度でいいと思うのは理解できます。
結果がでずに、相手に力負けしてしまうような選手であれば柔道の練習だけでは筋力をつけるのには不十分なので練習に付け加えてウェイトトレーニングをやる必要がありますが、現時点で結果も出ており、力負けしていないのであれば筋力的な要素の補強に対する優先順位は下がり、そこに時間を使うくらいであれば、もっと技を磨いたり他の事に時間を費やしたいと思うのは当たり前です。

しかしながら、ウェイトトレーニングは筋力やパワーといった体力面の向上の為だけにあるものではなく、
「傷害予防の可能性の増大」
という、実施にあたってもう1つ大きな理由があります。

・筋力やパワーの向上
・傷害予防の可能性
この2つがウェイトトレーニングでできる大きな2つの事です。
(文章の構成上、この2つを完全に別なものの用に書きましたが、この2つは相互に関係し合っています。つまり、筋力やパワーを向上させる事は傷害予防にもつながる可能性がありますし、傷害予防するには筋力の向上が必要という事です。)

さて、ウェイトトレーニングには傷害予防といった側面もあると知った上で、もう一度考えてみるとどうでしょう?
柔道で良く起こる、又は起こりえる傷害は柔道の練習だけで防げる可能性は増えるでしょうか?
基本的にはありえませんよね。
柔道で良く起こる傷害は、柔道の練習をすればするほど起こる可能性は増えるはずです。

柔道で良く起こる障害やその選手が痛めやすい箇所を前もってリサーチし補強する事で未然に防げるものもあるはずです。
しかし、それは競技練習では不可能です。

以上の事から考えると、やはり結果を出しているトップクラスの選手といえども適切なウェイトトレーニングの介入は必要だと考えます。
しかしながら、そこにかける時間や頻度等は筋力がそもそも不足している選手や技術レベルに筋力が追いついていない選手と比べると確実に少なくてすむでしょう。
つまり、その選手にとってウェイトトレーニングがどれくらいの優先順位になるかは変化しますが、全くやらなくていい選手はいないと個人的には思っています。
傷害予防の側面だけではなく、筋力やパワー向上の側面から見ても、今現在はよくても来年には足りていない状況(筋力やパワーで圧倒する相手がでてきた、年齢などの理由で筋力やパワーの維持が困難になってきた)は十分に可能性として考えられます。
競技練習だけではその必要な体力要素を補うのが難しくなるときがきっとくるはずです。

スポーツで、その競技練習そのものだけではなく、スプリントドリルや、インターバル走、ウェイトトレーニングはもちろん、精神的なトレーニングとしてヨガや座禅をくんだりするのは、その競技には必要不可欠な要素だけど、その競技の練習だけでは補いきれない、または効率が悪いからです。
つまり、今回は柔道を例に出して書いていますが、他のどの競技スポーツに対してもこの考え方は通じると思います。

その競技の練習さえしていれば、その競技に必要なものは全て補える。
というのはあまりにも安易な考え方です。

介入の仕方こそ違えど、適切なウェイトトレーニングはアスリートの味方ですし、アスリートはそのウェイトトレーニングを是非フル活用すべきです。
(※阿部選手のやり方を批判しているわけではありません。感覚で話した事でしょうし。今回の世界柔道もとてもすばらしかったです。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
そもそも、日本柔道は今の井上康生監督になってからの改革の1つが岡田先生によるトレーニングだったんですよね。
「柔よく剛を制す」
という表現が外国勢のJUDOと圧倒的な剛の前に成り立たなくなったんですよね。
柔というのは剛の上に成り立つものなんですよね。

しかし、こういう内容を文章にするのは難しいという事を改めて実感しました。
国語力や文章力も含め、まだまだです...


n=1を参考にするな


トレーニング指導者はトレーニングや人体に関して出来るだけ科学的に解明されている事実をもとにトレーニング指導を実施します。
もちろん、まだまだ解明されていないことだらけですので、全てにおいて科学的な背景があるわけではありませんが...

そういった科学的な背景を指導に活かすべく論文を読むのですが、その論文がどれくらいの信憑性があるかを判断するときに注意する点の1つとして、被験者の人数があります。

例えば
その実験に関わった被験者が5人(n=5)のものと30人(n=30)のものであれば、当然30人のもののほうが信憑性は高いと判断され、たった5人を対象に行われた実験なんて基本的には参考になりません。

メディアなどでアスリートがやっているトレーニング方法や食事、習慣などは頻繁に取り上げられますが、一般論ではなくかなり特殊なパターンの場合もあります。
アスリートの影響力というものは凄まじいものがあるので、それを知った子どもや親まで、そのアスリートの"特殊な"やり方を急に真似しようとしてしまいます。
しかしその事実はただのn=1の信憑性しかなく、もしかするとそのアスリートだから成り立っているだけかもしれません。
そのアスリートからしてもいろんな経験を経て自分に一番あっているやり方にやっとたどり着いた方法かもしれません。
いずれにしても、どれほどの信憑性があるかもわからないものを急に真似したりする行為は危険です。
まずは広く認知され、解明されているような一般論から実施し、それから少しずつ自分に合わせてやっていったほうが効率的だと思います。

プロ野球もオフに入ったこの時期、選手のオフの過ごし方や来シーズンに向けての肉体改造のことなどユーモアを含めたいろんな情報が出てきますが、そういう情報を鵜呑みにせず、まずはその分野の専門家に聞くのがいいでしょう。

あの人がやっているから、自分も...が通用しない場合もあります。


あと今年も40日...




プログラムとカレーは寝かせる


身体を確実にいい方向に変えるために必要不可欠なことがトレーニング種目の正しいフォームを身につけることです。
そして、もう1つ。
それ以上に重要だと言っても過言ではないのが、実施するプログラムです。
プログラムとは、
どの種目を
どの順番で
どれだけの回数を
どれだけのセット数を
どれくらいの強度で
実施するかというものです。

例えば、いくらそのトレーニング種目を正しいキレイなフォームで実施できたとしても、回数設定や強度設定がメチャクチャでは効率的に身体を変えることはできません。

ですから、
正しいフォームの習得と、
身体を変える為の直接的なプログラム
この2つはちゃんと「トレーニング」するのであれば欠かせません。

しかしながら、このプログラムをつくるというのが実は大変難しいもので、
トレーニングの原理・原則を知り、どういう反応が身体に起こるのかを身をもって体験することを含んだ経験などから作っていくのですが、
ココに関しては絶対的な正解があるわけでもなく、常に勉強をしながら最高のものに近づけていくというような感じです。

特にアスリートに対してのプログラム作成はかなりの労力が必要です。
シーズンにむけて1番身体が動ける時期を設定し、そこから逆算しながらくみたてていくわけですが、競技によって特性が違うのでその競技によって起こりやすい傷害も調べ、そうなる可能性を少なくなるような種目をプログラムに組込んだりしなければいけません。

前にいろんな競技の条件を指定されたプログラムを作成する課題があったのですが、時間をかけてすべてのことにしっかり確固たる理由をつけてなんども提出したのですが、何回もやり直しという結果になりました。
そしてようやくOKになったのですが、最後に言われたのが
「明日もう一度見直してみて、問題なければOK」
というものでした。

ちっちゃいときに寝る時間も迫る中で、一生懸命なにかアニメのキャラクターの絵を本を見ながら書いていました。
寝る時間になったところでなんとか完成させ、その時はいい出来だと自分の中で納得しながら寝ました。
しかし、次の日起きてその絵を見てみると、全然うまく書けておらず全く納得できずに捨ててしまったのを覚えています。

まさにそういうことだな、と思いました。
時間が迫る中で頭をフル回転させながら取り組んだものでも、一旦冷静になってみてみると色んな間違いに気づいたり、よりいいアイデアが出てきたりします。

こういう経験があるので、プログラムは出来るだけ、作ってから一旦寝かせて もう一度確認するようにしています。
先程も言ったように、
正しいフォームの習得
直接的なプログラム
はセットであり、必要不可欠です。

ならば、できるだけ丁寧に仕上げたプログラムである必要があります。

そうしてプログラムデザインと呼べる代物になるのでしょう。