HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > フィットネスクラブで失敗しない為に > トレーニングする「場」を使いこなす為に!

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE

< トレーニングジムを始めて7年経って思う事。  |  一覧へ戻る  |  トレーニング習慣を身につけたいなら「どこでもできる」が大事! >

トレーニングする「場」を使いこなす為に!

まずコチラの記事を読んでみて下さい。↓

フィットネスクラブは健康のインフラになった
エニタイムフィットネスが日本で増え続ける理由とは?


今回はこの記事に関して思った事を書きます。
個人的にもエニタイムフィットネスは素晴らしいと感じております。
トレーニングをしっかりやりたい方には本当におすすめです。

記事の中で、トレーニング習慣が根付かなかった日本にエニタイムが定着した理由として以下の事があげられています。

①24時間365日体制にした。
今となっては当たり前のように思われていますが、これは本当に革新的です。
記事の中にあるように、フィットネスクラブを退会する理由で最も多い「時間が合わない」という問題点。
本当にこれが退会理由なのであれば、24時間365日営業しているジムがあれば文句なしですよね。

②会費を抑えた
大手フィットネスクラブの一ヶ月当たりの会費は大体1万円前後が主流なのに対して、エニタイムは6,000〜7,000円前後です。
この差は確かに大きいです。
ただ、ここに関しては記事にもあるように大手フィットネスクラブはその分設備が充実していたり人件費がかかっていたりするので、お客さんの目的によって違いが出てくるところですね。
飛行機で言えば、エニタイムはLCCといったところでしょうか。
筋トレと有酸素マシンだけ使えればいい人にとってはエニタイムで会費を抑えることが出来ますが、スタジオレッスンやプールも使用したい人にとっては例えエニタイムが安くても、選択肢には入ってこないはずです。


③効果が感じられる→???
ここの問題点に関しては、ハッキリ言ってエニタイムもクリアできていないはずです。
むしろ、逆にウィークポイントのはずでは?と思ってしまいます。
そして、よくこのブログを読んで下さっている方でしたらおわかりの通り、僕が変えたいのはまさにここです!

記事の中では、トレーナーに相談すれば問題は解決する。と書いてありますが、
エニタイムほぼトレーナー(スタッフ)いないじゃん。笑
安く出来る理由もここじゃん。笑
「効果が感じられない」という退会理由も多いのは確かなのでしょうが、ここに関してはエニタイムに入会したからと言って変わる部分ではないはず...
この部分に関しては他のフィットネスクラブもエニタイムも差別化はできておらず、むしろまだスタッフが豊富にいる大手フィットネスクラブのほうがマシな気がします。

④引越しや転勤にも対応できる
これは間違いなくエニタイムの強みです。
まだこれからも店舗数増えるでしょうし、引越し先にもエニタイムがある可能性は増えるでしょうね。

以上をまとめると、③以外は本当に素晴らしいです。
そして③の部分をクリアするにはやっぱり、以下の事を知っているのが最低条件です。
・自分がするべきトレーニングを知っている。
・マシンやフリーウェイトの使い方を知っている。

記事の最後にはこう書いてあります。

“自分自身と向き合う場”としてジムを利用する人が増えている。そうした場を提供するという意味でも、フィットネスを特別なステータスではなく、スタンダードな存在にしなければいけない。それが我々の使命だと思っています

エニタイムフィットネスは確かに使い勝手の良い素晴らしいジムですが、どこまでいっても「場」でしかないんです。
その「場」を活用するのは人です。
トレーニング方法さえ知っておけば、その「場」はとても有効活用出来ます。
しかし、知らなければどんなに使い勝手の良いジムでも用をなしません。

前にも書きましたが、どんなに設備の整った使い勝手の良い素晴らしいキッチンがあっても使う人が料理が苦手な人であれば困惑するだけですよね。
そのキッチンを使いこなす知識や技術が必要不可欠です。
トレーニングジムも同じです。

そのような、
自分自身と向き合う為に提供されたエニタイムフィットネスのような「場」を有効活用するために、最低限のトレーニング知識を利用者に持ってもらう事をスタンダードにすることが僕の使命です。

「効果が感じられない」
この退会理由を減らさない限りは、本当の意味でのトレーニングの習慣化は難しいままなのではないでしょうか?


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
最近、この手の内容が多くなってしまい申し訳ないです。
ただ、重要な事なので多くの人に知って欲しいです。

カテゴリ作ったからにはDAY OFFなんかも書こうとは思うのですが、休みの日は本当に何もしない事が多いんですよね...






カテゴリ:

< トレーニングジムを始めて7年経って思う事。  |  一覧へ戻る  |  トレーニング習慣を身につけたいなら「どこでもできる」が大事! >

同じカテゴリの記事

藤沢・大船・鎌倉にも24Hジムの波が!

東京都心や神奈川県でも横浜や川崎を中心に増えている24時間体制のジム。
ようやく、この湘南地区でも徐々に増えてきました。
僕の知る限りでは鎌倉駅、大船駅、藤沢駅(5月オープン)の駅近に一店舗ずつあります。
FITNESS HAYAMA24鎌倉店
ワンサードフィットネス大船店
エニタイムフィットネス藤沢店

どの店舗も出来たのは最近で、少し前までは僕の知る限りでは24時間ジムは近くにはありませんでした。
湘南界隈には大手のフィットネスクラブはいくかありますが、トレーニング機器の視点から見るとどのクラブも微妙でしっかりトレーニング出来る環境が整っているのは辻堂にあるゴールドジムくらいのものでした。
しかしながら、ゴールドジムときくとやはり一般の方は少し抵抗があるようで、少し入会しづらいというのがあるみたいですね...
マッチョばっかりいるところのイメージなんですかね?笑
わからないこともありませんが、マッチョ専用のジムではないですからね...

とは言っても、トレーニングをすることを考えた時にどうしても選択肢が限られていたのですが、24時間ジムが複数できたことによって確実に選択肢が増えました。

ジムに行く事においても色々選択肢が増えた現代において、ジム選びは重要です。
今までは、とにかく家から通いやすいジムを選べば良かったかもしれません。
しかし、今はそれがベストな選択とはならない可能性もあります。
家から近いことや料金のことはもちろん大事ですが、もう1つ大事な事は、
自分がやるべき運動に一番マッチしているジムかどうか、です。

パーソナルトレーニングジムなのか、
高級2ヶ月体制ダイエットジムなのか、
大手フィットネスクラブなのか、
24時間ジムなのか、

それぞれに向き不向きがあります。
つまり目的によって選ぶべきジムは変わってきます。
自分の目的に対して一番近道となるジムを選びましょう!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コンビニ業界では24時間体制が問題になっていますが、24時間ジムは場所を提供しているに過ぎないので全く問題ないですね。
とは言え、あまりに使う側のマナーが悪すぎると今後どうなっていくのかいくのかわからないので、使い方には気をつけましょう。
トレーニングを実施するにあたり、マナーもとても大事です。





フィットネスクラブの特徴

このジムでトレーニングしながら他のフィットネスクラブでも自主トレをされている方(自主トレ割りを活用されている方)には、その時に実施するトレーニングプログラムも作成し、渡してあります。

プログラムを作成する為には、そのフィットネスクラブの環境を知っておく必要があります。
といいますのも、
そのフィットネスクラブにないマシンを使うようなトレーニング種目が入っていたり、
人気の器具で中々使えないにもかかわらず毎回プログラムにその器具を使う種目がはいっていたり、
etc...
なんてことがあってはいけないからです。

そうならないために、事前にお客さんが通っている又は通う予定のフィットネスクラブの環境を聞いた上で、極力スムーズに且つ効果的なトレーニングができるプログラムを作成し渡しています。

そういうわけで、色々なフィットネスクラブの情報を聞く機会があるわけなのですが、やっぱり思う事はフィットネスクラブもそれぞれ特徴があるなぁという事です。

・金額
・衛生面
・混雑具合
・施設面(どういうマシン、器具があるか)
・使用上のシステム

一般の方にとっては、
フィットネスクラブなんてどこも大して変わらず似たようなもので、家から通いやすければいいや。
と思うことが多いかもしれませんが、ちゃんとやりたい、やるべきトレーニングをできる環境が必要となるとそういうわけにもいきません。

自分にとって一番使い勝手の良いフィットネスクラブを選ぶ必要があります。
そのためには、まず自分がするべきトレーニングや運動を知っておく事が前提条件となります。
一番重要なことはそこです。
例えば...
①ランニングマシンやエアロバイクなどの有酸素系マシンで汗を流したい
②エアロビクスやヨガなどのスタジオレッスンを楽しみたい
③プールで泳ぎたい
④ちゃんと筋トレをしたい
など、自分の目的次第で選ぶフィットネスクラブは変わってきます。

①であれば、
基本どこのフィットネスクラブでも良いかと思います。
有酸素系マシンの台数が多く準備されており、待つ必要のなさそうなところだとベターですね。
スタッフに何か聞く事もあまりないことが考えられるので、無人ジムなどで価格を抑えるのもいいかもしれないですね。

②であれば、
スタジオの数が多く、様々な種類のレッスンをやっているクラブのほうがいいかと思います。
スタジオの数は1つのところもありますし、多いところでは3つあるところもあります。
そして、レッスンスケジュール表を見学の際に確認して、魅力的なものが多くあるところにすればいいですよね。

③であれば、
あたりまえですが、プールのレーンが多く、また衛生的に◎なところを選べばOKです。

④であれば、
マシンやフリーウェイト等、自分が使いたい器具が揃っているかどうかが重要です。
初心者の方で、この④が目的の方はフィットネスクラブを最初に選択するのは個人的にオススメできません。
その理由はコチラ

というふうに、何をしたいか次第で重点をおく部分が異なります。
何をやって良いかわからないけど、とりあえず運動しなきゃ。という方も多いはずです。
そういう方は、連絡いただければと思います。
遠回りにならないようアドバイスできると思います。

自分の目的を果たし、質のいいトレーニングをしようと思うのであれば、
トレーニングを始めるとき、フィットネスクラブに入会するとき
しっかり吟味しましょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これまで、自分自身
複数店舗のフィットネスクラブでのアルバイト(大学4年間)
フィットネスクラブ業務委託でのパーソナルトレーナーとしての活動(大学在学中〜社会人3年目?)
パーソナルトレーニングジム開業(社会人4年目?〜現在)
と、それぞれ経験しているので、それぞれの立場から色々考えられますし、アドバイスできています。
パーソナルトレーニングジムはとことん勉強する場で、フィットネスクラブはとことん利用する場だと思っています。
長いフィットネスライフ、遠回りせずにいきましょう。






パーソナルトレーニングはどこで教えてもらうのがいいか?


トレーニングを始めるには自己流で始めたり本やネットを参考にした程度で始めるよりも、専門家にまずは頼ったほうが良いということはこれまでの記事でも書いてきました。
もちろん料金はかかってきますが、結局は自分で始めるよりも色んなメリットがあり長い目で見た時にムダなお金や時間、労力をかけずに済む場合が多いからです。

では、そのパーソナルトレーニングはどこで受けるのがいいのか?
について今回は書いていこうと思います。

パーソナルトレーニング受けるには大きく分けて、まず以下の2通りがあります。

①パーソナルトレーニングのサービスもある大手フィットネスクラブで受ける
大手のフィットネスクラブには、施設を自由に使えるだけではなく希望の方に月の会費とは別料金でそのジムに所属しているパーソナルトレーナーのトレーニングを受けることができるクラブもあります。
そういうクラブには複数人のパーソナルトレーナーが所属しているケースが多く、目的別にトレーナーを選ぶことが出来るかもしれません。

②パーソナルトレーニング専門のジムで受ける
大手フィットネスクラブではなく、当ジムのようなパーソナルトレーニングのみ行っているジムのことです。

この2つからまずは選ぶことになるかと思いますが、僕はその両方の経験がある(2012年にお店をオープンさせるまでは大手フィットネスクラブでパーソナルトレーナーとして活動していました)のでその経験からそれぞれのメリット・デメリットを書いていきます。

①のメリット
・比較的安い
先程も書いたように月会費と別にトレーニング料金を払わなければいけないのですが、それでも比較的安い場合が多いです。
また所属しているトレーナーによっても料金設定が違ったりするので、払える範囲で選ぶことも可能です。

・トレーナーの活動がみれる
ジム内で他のお客さんが受けているトレーニングの様子を見ることができるので、
どんなトレーニングなのか?どんなトレーナーなのか?どんな雰囲気でやっているのか?
など予めある程度知ることが出来るので安心できます。

・豊富なマシンのもとでトレーニングができる
基本的に大手フィットネスクラブのほうが器材が豊富な場合が多いです。
なので、パーソナルトレーニングもバリエーション豊富に行えるかもしれません。
(ただ、フリーウェイトがないジムもありますので、その場合は逆にデメリットになるかも?)

①のデメリット
・トレーニングが思い通りにすすまない
パーソナルトレーニングとは言え、周りにトレーニングをされている他のお客さんもいます。
特に混んでいる時間帯などは、使いたいマシンが使えなかったりすると限られた時間にも関わらず待ち時間が発生したりします。
待ち時間がもったいないので、トレーナー側は変わりの種目で代替えしたり、トレーニングの順番を変えたりしますが、そうなってはベストなトレーニングプログラムとは言えません。
別料金を払っているにもかかわらず、パーソナルトレーニングを受けている方が優先となるわけではないので、難しいところです。
・周りが気になる
これは人によると思いますが、やはり他のお客さんでもパーソナルトレーニングに興味のある方もいますので、多少見られてしまう場合もあるかと思います。
そこまでじろじろ見られることはないでしょうが、気になる方は気をつけたほうがいいかもしれません。
・気を使ってしまう
パーソナルトレーニングの予約をしたものの、仕事などの都合でキャンセルが続いてしまったりした場合、申し訳ない気持ちになってしまいトレーナーと会いづらくなりジム自体から足が遠のいてしまうケースがあります。
また、最初にお願いしていたトレーナーと万が一、うまくいかずに違うトレーナーにお願いすることになった場合も気まずい思いをする方もいるようです。
いずれにせよ、トレーナー側はあまり気にしていないことが多いと思いますが...

②のメリット
基本的に①の反対になります。
・周りが気にならない
パーソナルトレーニング専門のジムですので、プライベート空間または他のお客さんがいらっしゃったとしても少ない場合が多いですし、その他のお客さんも同じようにパーソナルトレーニングを受けているので基本的に気にならないと思います。
・トレーニングがスムーズ
使いたい時にマシンが使えないことや、スペースが混雑している、といったことがなく、ベストなトレーニングプログラムをスムーズに実施できます。
・気を使わなくて済む
一度見学や体験などに行って、合わなそうだったら他のところに行けばOK

②のデメリット
・比較的高い
やはり高額になる
基本的にプライベート空間でのトレーニングでジム側も受け入れられる人数が限られることもあり、料金が高いことが多い。
それにしても高すぎる所もあるような気もしますが...
(場所など関係なく、それだけのものが提供できる素晴らしいトレーナーもいます。)
・トレーナーの活動が見えづらい
当ジムでも無料体験などをして、トレーニングの説明などもして出来るだけ安心してご理解していただいてから入会していただけるようにしていますが、大手フィットネスクラブほどとはいかないかもしれません。
またパーソナルトレーニングジムは体験の時点で有料の場合も多いです。



もちろん、これ以外のメリット・デメリットもあると思いますが、
基本的には①のメリットは②のデメリットになり、①のデメリットは②のメリットになるというような反対になる気がします。
それぞれのメリット・デメリットを理解した上でパーソナルトレーニングを始めるのが良いかと思いますが、今回のメリット・デメリットはあくまでも場所に由来するものです。
大事なのはパーソナルトレーナーそのものですよね。

では、ちゃんとしたパーソナルトレーナーかどうかはどう見極めたら良いのか?
それは、本当に難しい問題です...

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
トレーニングを教える側からすると、スムーズにトレーニングが教えられることが本当にありがたいです...




どこのフィットネスクラブに入会すればいい?


どこのフィットネスクラブに入会すればいいのか?
これはなかなか難しいところで、始めてフィットネスクラブに入会する際には迷うところだと思います。
(※ここで言うフィットネスクラブは大手の定額の会員制ジムを指しています。)
まず、大事な条件として
・家、または職場からの距離(通いやすさ)
・料金などのシステム
・広さや衛生面など環境面
が大きく関与してくると思います。
結局のところ、通いやすいところに入会するケースが多いことと思います。

しかしながら、今や首都圏には1つの駅に複数のジムがあることは珍しくありません。
そういう場合にはどうしていますか?

現在、多くの会社がフィットネスクラブを経営しています。
ぱっと思いつくだけでも、
・TIPNESS
・CENTRAL
・NAS
・OASIS
・GOLD GYM
・MEGALOS
など
他にもいろいろあります。

そして、各会社、各店舗でそれぞれの強みがあります。(あるはず?)
エアロビやボクササイズなどのスタジオレッスンが充実している、プールが広い、マシンのエリアが広い、スタッフの管理がいきとどいている、などなど。

通いやすさや料金面で選ぶのも1つですが、いくら通いやすくても自分のしたいトレーニングが出来なかったり、プールを使いたいのに、プールが狭かったりしてはなかなか続けるのは厳しいですよね。
なので、自分がしたい運動をしっかり出来る環境があることを見学などでしっかり確認してから入会するのがおすすめです。
見学の際に、環境面だけでなくスタッフの対応や衛生面などもある程度はわかるはずです。

その中で、
筋トレをしっかりしたい!
というのが目的であれば、現状はGOLD GYM一択だと個人的には思っています。
店舗によりますが、その他のクラブはパワーラックがない、または少ないなどのフリーウェイトの設備面が乏しかったり、マシンの台数も限られていたりと、筋トレをしっかりしたいという方にとっては環境として不十分な可能性が高いです。

そうしたフリーウェイトの設備面が乏しい理由としては以下のことが考えられます。
・フリーウェイトをしっかり教えられるスタッフがいない。または研修するにも手間がかかる。
・利用者の高齢化などの理由により、そもそも需要が少ない。
・安全面の理由で比較的安全なマシンを中心にしている。

今や、ほとんどのフィットネスクラブではこれらの理由により、フリーウェイトスペースが乏しいところがほとんどですが、GOLD GYMは基本的にその心配はありません。
なので、ここでトレーニングの基礎を教わり、自主トレを始める方にも基本的にはGOLD GYMをオススメしています。
他のクラブでは、せっかくここで基礎を教わってもそれを活かせることが少ないケースがあるからです。
あとはまだこの辺には少ないですが、エニタイムフィットネスも比較的フリーウェイトが充実しており、場所によっては店舗数も増えているのでおすすめです。そして月会費が安いところも魅力の1つです。

これから、夏にむけてフィットネスクラブに入会することを考える方も多くなるかと思いますが、入会する前に今一度考えてみて下さい。
続けることが第一なので、通いやすいというのは確かに重要ですが、それだけでは不十分な場合があります。

何にせよ、
運動不足→フィットネスクラブに入会
というのは少々安易すぎますので、お気をつけ下さい。
フィットネスクラブはあくまでも「運動する場所」です。
「フィットネスクラブに入会してみたものの...」
入会すればOKではありません。
一番防ぎたいのは、幽霊会員となりほとんどフィットネスクラブに行かないのに、ただただ会費だけが引き落とされてしまうような状況です。
フィットネスクラブはちゃんと利用しましょう!
「大手フィットネスクラブは利用してナンボ」

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
はや今年も7月です。
あっという間に折り返しましたね....

何言ってるかわかっているけど、理解していない。


SHONAN TRAINING DEPT.としてリニューアルオープンしてから一ヶ月程たち、ようやく自分でも環境に慣れてきました。
HPの写真に関しましては、もうしばらくお待ち下さい...

さて、突然ですが
フィットネスクラブでトレーニングを始めた方はこのように教えたもらったことは多いのではないでしょうか?

「10回程度できる重さでやってください。」
「10回ギリギリでできる重さでやってください。」

これは、フィットネスクラブに入会した際にマシンの使い方の説明をうけるなかで良くされるであろう表現です。
現に私もフィットネスクラブでのバイト時代にこのように説明していました。

しかし、今になって思うのは
これじゃ不十分だなー
ということです。

先程の表現に関して、もちろん日本語ですし、専門用語がはいっているわけでもないので特別理解に苦しむような難しい表現ではありません。
なので、もちろん
「ちょっと何言ってるかわかんないっす。」
というサンドイッチマンのネタみたいなことにはならないはずです。

ですが、その意味を本当に理解できているかというと、できていない場合がほとんどだと思います。
そこにジムに入会したけど、
筋力がつかない
やり方があっているかわからない
効いているのかわからない
身体が変わらない
などの悲しい結果になってしまう落とし穴があるわけです。

トレーニング経験者からすると、先程の表現である
「10回程度できる重さでやってください。」
「10回ギリギリできる重さでやってください。」
で十分伝わると当たり前のように思っています。

しかしながら、トレーニングが初体験や初心者の方にとってはどうでしょうか?
いまいち、ピンときていないはずです。

なので、フィットネスクラブに行ってみて見ればわかると思いますが、とても涼しい顔しながら筋トレしている方の多いこと!
10回どころか、その重さだったら15回でも20回でもできちゃうでしょ。って方が大勢いらっしゃると思います。
つまり、先程の表現では正しく伝わっていない可能性が考えられます。
それだと、当然結果はついてきません。

教える側が当たり前だと思っていることでも、教わる側にとっては当たり前ではないことがいっぱいあります。
そのことを念頭において教えていかなければならないですね。(自分も含め...)

じゃあ、どうすればいいのか?
それは身をもって経験するしかありません。
言っている意味を頭で理解し、経験する。
この負荷のかかり方がそうなんだ。
この辛さがそうなんだ。
という経験。
その辺も含めて、最初はちゃんとした指導者についてもらったほうが良いと思います。
時間もお金も体力もムダにしない為に。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
なんやかんやであっという間に2018年の半分が終わりました。
今年はこっからが勝負です。