HOME > SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE > 10ページ目

SHONAN TRAINING DEPT. MAGAZINE 10ページ目

より良い環境で

8月の営業も無事終え、今日から9月スタートです。
9月からよりよい環境でトレーニングしていただくべく、トレーニング器具をいくつか増やしました。


9月からもこの先「財産」になるトレーニングを教えていきますので、宜しくお願い致します。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サッカー日本代表W杯出場おめでとう!!!

原澤治療院 開業


8月の最初まで、このジムで治療担当として活動していた原澤さんが開業しました!
治療院開業とともに、このジムでの「治療」というサービスはなくなりましたが、治療院の場所がすぐ近くなので、アクセスは悪くなっていません。

江ノ島電鉄の江ノ島駅、湘南モノレールの湘南江ノ島駅からすぐのガーデンズビス江ノ島内に入っています。
人気ジェラート屋さんのSE1のすぐそばです。)

先日、見学がてらにお邪魔しましたが、とても清潔感のあるゆったりとした空間ですので、はじめての方でも落ち着いて治療が受けられると思います。

パワーラックもあるところらへんがまたいいですね。笑
寝てるだけじゃダメだよ...ということでしょうか...

ちなみに治療院はこのジム同様、完全予約制です。

簡単に、情報を載せておきます。

・営業時間
10時〜20時
・定休日
水曜日/土曜日
・料金
1回→6,600円
4回券→24,000円
・電話番号
080-5964-0232

今はまだHPなどはないですが、お気軽に電話してみて下さい。
優しく対応してくれる,,,はず!

身体のどこかに不調がある方や、他のところにいってもあまり改善が見られなかった方は是非一度足をはこんでみてはいかがでしょうか?
その場しのぎのものではなく、しっかり根底からアプローチしてくれると思います。


そして、最近はこの界隈でもトレーニングジムが増えてきました。
原澤治療院が入っているガーデンズビス内にある、道上さんが代表を務める
NALU Training studio

そのガーデンズビスからすぐの、山中さんが代表を務める
Golf&Training Plaza A+

僕のジムは今年の9月で丸5年になりますが、その時はトレーニングジムなんて全然ありませんでしたが、わからないものですね。
それぞれのジムにそれぞれの良さがあると思いますので、自分にあったジムを選んでいただければと思います。

身体の事でなにか困ったら、腰越界隈にいけばなんとかなるよ。
なんて時代が来るかもしれないですね。笑



「着地」の観点から


今回は「着地」というものをフォーカスしてみます。

人間が跳んだりはねたりしたあとは必ず「着地」という局面がまっています。
そしてその「着地」の際にかなりの衝撃が足にかかります。
その衝撃はもちろん、高いところからになればなおさら、体重が重ければなおさら、大きくなります。

その衝撃から骨や靭帯などの結合組織への負担をへらしてくれるのは、技術的な事もあるでしょうが、やはり基本的には筋力です。
筋力があれば守れますし、なければ守れずに痛める事が多いです。

そのことを考慮し、大人でも高校生でもアスリートにトレーニングを教える際にいきなりジャンプ系のトレーニングをガンガン取り入れたりはしません。
まずはその基礎となるストレングス(筋力)を強化する種目を中心に構成していきます。
ストレングスがなければ「着地」の際にダメージが大きくのしかかってきます。
むしろ、ストレングスがなければまともなジャンプがそもそもできないことが多いです。
それに関してはココでも少し書きました。

これは一般の方のトレーニングに関しても同じです。
むしろ一般の方のほうがアスリートに比べて筋力がないので、なおさらです。

だからこそ、このジムでも最初に取り入れているリバースランジには「着地」がありません。

一般の方が何か運動しなきゃと思った時に、手軽なランニングから始める方も多いと思いますが、ランニングは「着地」の連続です。
なので、こういう角度から考えた場合にはあまりランニングはおすすめできません。
筋力がない方や、体重が重い方はなおさらです。
運動をはじめるのであれば「着地」のない、自転車や水泳、ウエイトトレーニングが個人的には良いのではないかと思います。

ランニング自体が悪いと言っているわけではありません。
ですが、基礎的な筋力などがあればランニングでも痛めるリスクを減らし、より楽しめるのではないかと思います。

「着地」という観点から運動選択について考えてみるのも良いですね。




作業 or トレーニング?


当たり前の事ですが、実施したトレーニングはメモをしないと伸びません。
その日行ったトレーニングの種目、強度、量...などなど。

前回やったトレーニングの内容を忘れてしまってはその日やるトレーニング内容もブレブレになってしまいます。
トレーニングというものは計画性がもの凄く求められます。特に目的が「勝つ」ことであるアスリートであればなおさらです。

現在、高校のバスケ部とアメフト部の2つの現場に指導に行っていますが、いずれの現場でもトレーニングを実施するにあたりノートをとることを徹底させています。
最初はなぜノートが必要なのかイマイチわからなかった選手もいたと思いますが、徐々に必要性を理解してきています。
トレーニング後に必死にノートに書き込んでいる選手の姿を見ると、次回に活かそうとする姿勢が伝わってきます。

トレーニングプログラムや、実施した強度、量だけではなく、注意点や次回へのアドバイスなども含め、
「これだけやったんだ!」
と自信を持てるようなトレーニングノートを作ってほしいと思っています。

トレーニングは頭を使います。計画性も求められます。
何も考えずにやっているのはトレーニングではなく、ただの作業です。

せっかく、辛い思いをしてやっているわけなので、そのすべてをムダにせず活かすためにも「作業」ではなく「トレーニング」をしましょう!

ちなみにこのジムでも、おおよそのトレーニングプログラムが確定してきた方には、ご自身のやっているトレーニングプログラムを知る為にもトレーニングシートをお渡ししています。



毎度おなじみ、お土産代わりのやつ!


6〜9日まで夏期休業をいただき、京都に行っていました!(台風直撃でした!笑)

そんなこんなで毎度おなじみ、お土産代わりの
KYOTO COFFEE WEEKが今日から始まっております。
この機会に是非、トレーニング後に京都のロースターさんのコーヒーをお楽しみ下さい。
(マイタンブラー、マイカップのご用意だけお願い致します!)

ラインナップは
・Unirさんから、EL SALVADOR MONTE SION
・直珈琲さんから、PAPUA NEW GUINEA
・WEEKENDERS COFFEEさんから、OPERA BLEND
です。



お店を休む事でご迷惑をおかけしたかもしれませんが、やはり一旦仕事から離れることで働く事の重要さやお客さんに来ていただいている事に対する感謝を改めて感じられます。
自分でお店をやっていると、普段は「来てもらう側」ですが、「行く側」となると違う角度から物事が見えます。
いろいろと感じる部分もあったので、またこれから活かしていこうと思います。

8月まだ始まったばかりですが、残りも宜しくお願い致します!




久しぶりに小さなMarcheやります。


久しぶりですが、あかねファームによる小さなMarcheを13日に店先でやります。
時間は9時〜16時の予定です。(荒天中止)

当日はあかねファームの
ミニトマト
ジャガイモ
オクラ
ズッキーニ
バジル
などの有機野菜に加えて自家製にんじんジュースを販売予定です。

ちなみにジムはいつも通り営業しております。
トレーニング帰りに新鮮で美味しい野菜はいかがでしょうか?
お待ちしておりますっ!

----------------------------------------
世界陸上始まりましたね〜

ファラーかっこよすぎるぜ!!!

強い人はかっこいい
頑張る人はかっこいい
一生懸命な人はかっこいい



よくできたCM



今日で7月も終わりです。
今月は毎週外部のチーム指導があったこともあり、結構ハードな一ヶ月でした。
来月は夏期休業もあり、少しお休みが多くなりますが8月も引き続き宜しくお願い致します。

さて、この職業をしているとよく聞かれるのが
〇〇って効くの?
という質問です。

サプリメントであったり、トレーニング方法であったり...
昔から通販で話題の腹筋ぶるぶる系マシンもその1つです。

腹筋ぶるぶる系マシンも初期のアブトロ◯ックからなんだか進化しているように見えます。

で、この腹筋ぶるぶる系マシンが実際に効果があるのかどうかは結果から言うと、僕は知りません。
使った事がないので。
効果があった方もなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

効果があるかないかはおいといて、上にあげたCMはよくできてるなぁと思いました。

さんざん筋トレして、
さんざん走って、
それでもなんか落ち着かないなぁ...やり足りないなぁ...
そう!そんなとき!

という商品なんでしょうね。

やっぱり前提は自分で動くことのようですね。

動きましょうよ。人間として生まれたからには。

前にも書いたかもしれませんが、脳と筋肉はセットです。
自分の考えなしに、外的に強制的に筋肉を動かされている場合ではありませんよ。

8月からもこのジムは、自分の意志で能動的に動こうとする方々を尊敬の念をもって、最大限にサポートしていきます!



久しぶりに...


職業上、トレーニングは普段から当たり前のようにやっていますが、やはりトレーニングだけしていてもモチベーションの維持が難しいので、なにかしらスポーツをやりたいと最近思っていました。

しかし、時間に限りがある中で一人でできるものはそう多くはないので悩んでいたのですが、近くに個サルができるところがあったので行ってきました。

(*個サル....チーム参加ではなく、その開催時間に集まった人たちで即席チームを作ってフットサルをすること。)

その日は人も少なく、遊びのような感じでしたが、久しぶりの僕にとっては十分良い運動になりました。トレーニング後でもあったので、助かりました...
遊びのようなフットサルとは言え、夏という事もありトレーニングでは絶対かかないような汗の量といい、爽快感といい、やっぱりスポーツは良いなぁと改めて感じました。

競技能力を向上させたいのであれば、その競技だけをやっていても限界がある可能性があり、他の運動方法を取り入れる事で体力要素を上げることができ、結果として競技に繋がる事があります。
つまり、そのスポーツが上手くなりたいのであれば、そのスポーツだけやっていてはダメだという事です。
だからこそ、体力(筋力)のベースをつくるウエイトトレーニングが必要だったりするわけです。

その逆の発想で、ウエイトトレーニングのパフォーマンスを上げていく為にもウエイトトレーニングだけではなく他のスポーツもちょいちょいいれていこうと思っています。

本当はこれまで専門的に取り組んでいないバスケやバレー、アメフトとかやってみたいんだけどなぁ...



8月の営業に関して


8月の営業についてですが、

6日〜9日は夏期休業をとらせていただきます。
ご迷惑おかけ致しますが宜しくお願い致します。

定休日は水・金で変わりありません。

その他何か変更が出た場合はその都度お知らせ致します。

では、8月も宜しくお願い致します!
ご予約はお早めに!



アンチインナーマッスル?

インナーマッスルや体幹トレーニングという言葉が飛交う世の中においてこのような記事がでてきたことは、この職業に従事しているものとして率直に嬉しいものです。

ですが、この手の話は正直もうウンザリというか、終わりが見えないというか...
どうでもいいというか...

現在、TVや雑誌などトレーニング関係の話題があがったときにちょっと気にして聞いてみると本当にかなりの確率で「インナーマッスル」や「体幹トレーニング」という表現が出てきます。
別にそれ自体が悪いわけではないですが、それの位置づけが問題です。
前回のブログにも書いたようにそれらはトレーニングの方法論として確実にそんなにもてはやされるほど器のでかい方法論ではありません。
なのにあたかもそれが全てのようになっている現状が気になった時期もあり、こんなブログを書いた事もありました。

なので今回のような記事がでてきて少しでも、それが全てではないんだと考えられる人がでてくれば良いなと思っています。

しかし、この記事はウエイトトレーニングをしっかり行ったラグビーのエディーJAPANを例にだしてウエイトトレーニングを推奨していますが、もしエディーJAPANが全く結果をのこせていなかったら?エディーHCのやり方のDNA残っているであろうラグビー日本代表がこれから全く結果をだせなかったとしたらどうなるのでしょうか?

やっぱりウエイトトレーニングは日本人には向かなかった。必要なかった。
などと書かれてしまうのではないでしょうか?

スポーツの勝敗はトレーニングの方法だけでかたづけられるものではありません。
なので、
〇〇JAPANはウエイトトレーニングをしっかりやったから勝てた。
〇〇JAPANはウエイトトレーニングをやっていなかったから負けた。
というような簡単な問題ではないわけです。

もっとウエイトトレーニングはどういうもので、なんのためにやっていて、だからこそ、必要なんだ。
という本質的なところまで掘り下げ、広く知られるといいなと思います。

ウエイトトレーニング→◎
体幹トレーニング・インナーマッスル→X

というのも危険だと思っています。

とはいえ、今回のような記事は悪い気はしないですね。

そして、実際のところは世の中のトレーニングの捉え方や流行どうのこうのなんかよりも
何よりもまず、このジムに来て下さっている目の前のお客さんにしっかりとしたトレーニングを体験してもらい、知ってもらい、よくわからないトレーニングをしている人たちよりも良い思いをしてもらうことが全てです。






<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。